るしるし

元バンドマンが音楽活動再開して余生を生きてます

音楽

「DAVID BOWIE is」が日本にやってくるぞぉぉおお!

更新日:

 

ああ!ついに来る!2年越しの夢が叶う!

「デヴィッド・ボウイ」ワールド炸裂レッツ・ダンス祭りだ!!!

 

何回行こうかな(え?)

 

まさか亡くなるとは思ってなかったので、尚更行きたくなる。

デヴィッド・ボウイ大回顧展のお話。

 

DAVID BOWIE is とは

2013年、デヴィッド・ボウイの母国で行われた展示会。

 

ファッション、アート、音楽、役者・・・

デヴィッド・ボウイを様々な角度から、時代をたどって見ることが出来ます。

 

イギリス以外にも世界中で行われた、大回顧展。

 

去年日本では、そのドキュメンタリー映画が公開されました。

 

映画を見て、とにかくうらやましかった。

私はドキュメンタリー映画を観に行ったのですが、

「もう、これはスクリーンじゃなくて、生で見るものだよ!」

 

途中から、それしか考えてなかったです。

まるでファッション雑誌を見ているよう。

音楽だけでなく、ファッション、アートなど、

 

デヴィッド・ボウイを作るパーツが散りばめられている感じ。

 

アルバムごとに色味の違う表現をする人なので、10代の頃は好きでも、全く理解できませんでした。する気も失せた「ボウイはボウイ」

「DAVID BOWIE is」をこの目で見れば、なんか生まれそうな、何か作れそうな、ヒントがありそうな気もしてくる。

 

クリエイターさんに激オススメです。

 

デヴィッド・ボウイは、もう居ないのだ。

映画を見て、羨ましい事山の如しだったあとに、「DAVID BOWIE is」が日本で開催されることが発表されました。

テンションが跳ねあがる中、新譜の発売も発表。

 

もうボウイの新曲は聴けないと思っていたところに、とんでもないロックをブチ込まれました。デジタルな現代でのシンプルさ。

デヴィット・ボウイの誕生日に発売されたアルバム

 

誕生日、アルバム発売にニコニコしてた人は多いと思う。

デヴィット・ボウイは、この二日後に亡くなります。

 

急転直下ってこういうことなんだな。私は、2日遅れでアルバムをタワレコに買いに行ったエスカレータで知ったから、もう、わけわからんかった。映画を見た時と、今じゃ捉え方も変わりそうだけど、ボウイが残した世界を体感できるだけでも、貴重な経験だと思う。

 

まとめ

 

開催期間は 2017年1月8日(日) ~ 4月9日(日)

場所は天王洲の寺田倉庫G1ビル(東京だけなのよな)

 

そして、最後のレコーディング音源も収録された、アルバムも発売されます。

 

 

「ブラックスター」が音的にも、とても大好きなアルバムだったので、もっと、この先も聴きたかったなぁ。

 

考えるとしんみりしてしまうけど、来年を楽しみにしたいと思います。

アディオス!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    

-音楽
-,

Copyright© るしるし , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.