ライフ

年月は流れても、ザ・ブルーハーツの「夢」は何一つ変わらず、そこにある。

投稿日:2016-06-27 更新日:

 

るしる(@646blog)です。

 

私はよく、自分が濁ってるなぁと思った時に、よくザ・ブルーハーツを聴きます。

勝手に脳内流れてくる時もある。

 

スポンサーリンク

最近ブルハの「夢」が脳内流れてるよ。

 

MIMIYAKO85_senakagasabisii20140727_TP_V

 

 

ツイッターの本アカウントで呟いたんですけど、

これは、ザ・ブルーハーツの「夢」という歌を聴いて思ったことです。

 

歌詞はこちら

 

音楽を辞めて、父を亡くして、自分でもびっくりするぐらい「真っ白」になってしまった。

そんな私がここまで思えるようになった。7年かかったなぁ・・・

 

いつからだろう、20歳を超えてから?30歳を超えてから?

年月の流れの速さにびっくりする。

 

驚いてばかりじゃまた何年も過ぎ去ってしまいそうだ。

 

経ってしまった年月を気にするより、その加速に抗って、日々を濃密にしていこう。

 

「今日は疲れて何も出来なかった」

せめて5分でも、疲れた体に鞭打って、

ノートに思考を垂れ流す。

 

「やりたいこと」の5W1H

 

「あれもしたい」「これもしたい」

 

「やりたいこと」が1つ生まれると、テンションがあがって、あれもこれもと欲張りが笑顔で提案してくれる。

 

その、1つ1つに目を向け「私は何をどうしたいのか?」と考える。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

 

想像して頭の中だけで思い描いても、あやふやに、微妙に言葉を変えてしまう。

これが紙の上に書けたら、準備は整う。

 

「やりたいこと」の「やるべきこと」が見えた。

 

「やるべきこと」がノルマとなり、こなせないと重荷に感じたら原点を振り返る。

自分で望んだ「やりたいこと」を、自分に問う。

 

そんなことしなくても、たどり着きたい場所に猛烈に行きたいと思うようになったら、

時間は無駄に出来ない。

 

わずかな時間も逃したくない。

気を抜くと「何年も経ってしまった」にワープしてしまう。

 

「本当の夢」を見たいなら、自分も加速させる。

 

プランニングを立て、行動、結果、改善と動かしていく。

どう夢を動かすか、転がすか、失敗という経験のデータもある。

「戦略」を立てられるのが、

大人の夢だ。

 

大人だってじゃない、大人だからこそ、夢を見れるんだ。

 

そう思わせてくれるのは、ブルハの「夢」だった。

Singles 1990-1993

Singles 1990-1993 (4,000円)
(2016.06.27時点)
posted with ポチレバ

まとめ

こういうことをですね、私は最近ノートに書きます。(寝る前に)

ふと思いついたことも、ブログを書く私には大事な素材となる。

 

このノートでガッツリ野望書いてます。

 

「このノートはそういうノート」という暗示までかけて、大切なノートを作る気持ちで開く。

小さなカケラも書くが、キレイに書く。細かく書く。振り絞る。

 

 

これを読んでからは、ボールペンで書くことが増えた。(消す言葉など無いのだから)

「青ペン書きなぐり法」を覚えてノートの書き方を今日から変える。

 

ブルハみたいにシンプルなロック聴きながら書くと、すごい楽しいよ!

今日はちょっと、私の脳内を解剖してみました。

アディオス!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    


-ライフ
-,

Copyright© るしるし , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.