音楽

ファンのための「作詞・作曲・編曲」講座

投稿日:2017-03-21 更新日:

 

るしる(@aromusica)です。

 

前回の記事  DTMerならw-inds.橘慶太の存在は気になるはずだ。

 

パソコンで音楽作る人たち(DTMer)にとって気になる人だと思い記事にしたのですが、w-inds.ファンの方達にたくさん「いいね」や「リツイート」していただきました(感謝)

 

最近は自分で曲を作る人も増えてきました。堂本剛さんやTOKIO、元々音楽をやってる方ですが、俳優から入った人も多いであろう星野源さん。

 

ふと思った。

音楽をやる人のための「作詞・作曲・編曲」講座は沢山あるが、

ファンのための「作詞・作曲・編曲」講座はない!

 

講座と言っても作り方ではございません。

「あなたの推しがどんなすごいことをしてるか!」講座

 

「推し」の2文字にはあなたが大好きなアーティストの名前に変換してお読みください。

 

スポンサーリンク

推しが「作詞」をした

「作詞」はわかりやすいと思います。歌の歌詞です。

 

フィクションかノンフィクションかは解りませんが、推しが作った「詞」です。

作詞家の人より、推しの言葉の方がグッとくるよね。歌詞カード眺めちゃうよね。

 

推しが「作曲」をした

まず作曲とは何か

作曲=主旋律を作ること

 

旋律とはメロディー。主なメロディー・メインとなるメロディわかりやすく言うと、歌のメロディー。

鼻歌で適当にフンフン歌っても「作曲」です。

 

推しが「編曲」をした

編曲とは何か

編曲=主旋律以外の旋律を作ること

 

「アレンジ」とも言います。

歌のメロディー以外の音。ドラム、ベース、ギター、ピアノ、シンセなどの部分を作ります。

 

わっかりやすく言うと、

素材(主旋律)にデコるのがアレンジ。

 

推しが「作詞・作曲・編曲」して歌った

つまりまとめるとこうなります。

(推しの曲をi podなどでイヤホン耳に当てて聴くこと推奨)

 

ハイ!今流れてきたドラムやベース、ピアノなどの楽器の音。ぜーんぶ推しが作ったんだよ!

楽器を弾いてないとしても、パソコンで打ち込んだり、実際弾いてもらう演奏者に「ここでこうして!こう弾いて!」と誘導してるのはアレンジをした推し。

 

歌のメロディーも推しが作った。そのメロディーに推しが思いを乗せた。

推しの歌声耳元流れてる

 

つまり、推し最高

 

推しが「ミックス」をした。

もしですね、好きなアーティストが「曲のミックスをした」と言った、CDの歌詞カードのスタッフ名など書かれているところの「MIX」に名前があったら・・・

(推しの曲をi podなどでイヤホン耳に当てて上目遣いで聴くこと推奨)

 

歌声が頭のテッペンに聴こえてる感じしませんか?

よぉ〜く聞いてみると、ベースの音はボーンと低音が効いている。右側で聴こえるギターの音があったり、左斜めに聴こえるシンセの音があったり、歌声がなんか機械チックな声に変わったり、左から右に音が動いたり。

 

その左右、中央、斜め、低音や高音など、音の配置、加工などの編集作業を「ミックス」と言います。

つまり今、耳から聴いて頭の中に駆け巡る音の立ち位置、配置を行ったのは推しです。

 

メジャーアーティストはレコーディングの際は、エンジニア(専門職の人)が行います。自分でミックスをしても実際CDや配信で販売される音源はエンジニアさんがやっています。

デモ(曲選考などで聴かせるために作る)ではミックスまで行うアーティストも多いと思います。

 

しかし、ミックスまでこなすアーティストは最終的にはエンジニアさんに頼むとしても「こういう感じで」という風に伝えてやっているかも知れません。

 

つまり、推し最高

 

まとめ

私はバンドをやりたくて、好きなバンドはみんな自分たちで曲を作ってるから、曲を作り出しました。

用語やアレンジの仕方はぜーんぶ、好きなアーティストの曲、雑誌のインタビューから学んだ。

 

だから今でもアーティスト発信のものはワクワクする。ジャンルも関係ないし、むしろ自分にない世界の方が楽しかったりする。

これからオリジナル曲を作りたい人も、このルートで入ると楽しく覚えられると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    


-音楽
-

Copyright© るしるし , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.