るしるし

元バンドマンが音楽活動再開して余生を生きてます

プレイリスト

誰か日本でManáってバンドをご存知の方いらっしゃいませんか?

投稿日:

 

るしる(@646blog)です。

 

久しぶりに「誰も日本で知ってるって人に会ったことない」シリーズ。

 

今日はメキシコのバンドです(この時点でかなり居ないと思う)

 

でも、ヴィジュアルむさくって、ベタベタハードロック好きな人なら、メロディ的にも好きになる人多いと思ってる。メキシコにもかっこいいロックはあるよーってことだけでも、覚えて帰ってください。

 

Manáってどんなバンド?ってことやねん。

 

メキシコの男性4人ロックバンドです。

 

Wikipediaだと、最初のアルバムリリースが1987年になってますが、もう結構ベテランなバンドで、ライブ映像をみると、スタジアムクラスのバンドだと思われます。

 

アメリカにはツアーでも回ってるんですが、日本に来てくれないかな・・・アメリカかメキシコ行くしかないやつですね。

 

Maná

 

Manáを知ったキッカケ

 

Manáを知ったのは、Youtube。しかも、F1のミハエルシューマッハが1回目の引退をした後、世界中のミハエルファンが作ったMAD(?)を漁っていたときだった。

 

動画はもう見つけられなかったんだが(汗)曲と映像がステキすぎた。

 

しかし、聴いたことない曲。しかも英語じゃない。巻き舌入ってる。今みたいに曲名とか出なかったんだよYoutube。

 

まずミハエルが居たフェラーリチームはイタリアってことで、イタリア語かな?と思い、「イタリア」「ロック」とかでググってひたすら漁ってみた。

見つかるわけないw(おかげでイタリアのロックも知ることができたが)

 

しばらくすると、You tubeの動画に、コメントで曲名とバンド名が書かれてた。助かったー! ホント嬉しかった。

 

Arráncame el Corazón

 

私がしぶとく探していた曲はコレでした。

 

 

「Arráncame el Corazón」

 

 

まさかのメキシコ!スペイン語でした!とてつもなく大好きなバンドです。

 

スペイン語の滑舌で乗る歌のメロディとか、ラインとか、英語より聴きやすくて、日本語に近いような気がした。

 

当時は(今もだけど)アメリカのロックが元気ないので、よっぽどメキシコ聴いてた方がいいじゃん!となりました。

 

この時の私は、音楽辞めてたけど、

「単純に大好きだー!めっけたぞー!フォォォオオオ!」

 

だけで、音楽を楽しめることが出来たのは、間違いなくスペイン語の歌のおかげ。

 

その後スペイン語にガッツリハマってしまう流れともなりました。

 

まとめ

この歌が大好きで、歌いたくて歌ったら、出来なかった「巻き舌」まで出来るようになりましたw(逆に関係ないとこでも巻いてしまうようになったぜ)

 

ギターもコピーしちゃったぐらい好きなんです。

 

友達に言っても、車の中で鳴らしても、だーれも知らない歌ですが、日本のどっかで私がガンガンに鳴らしております。

 

最新のアルバムは2015年リリースの「CAMA INCENDIADA」このアルバムの方がラテン色満載。

でも、バンドだからか鉄板と言われるラテン曲より音使いが面白い。ロック好きの私はManáが聴きやすくて好き。

 

 

スペイン語の語感がとにかく好き。でも、スペインだとポップの方が多いし、バンドは英語で歌う方が多いので、メキシコの方が好きだったりする。

 

英語以外の音楽を漁るのも発見があって楽しいのでオススメ。最初はイタリア語とスペイン語の違いもわからなかったですけど、今はバッチリスペイン語分かります。

この出会いは大きかった。

 

Lucirって名前もA.R.O.musicaもスペイン語でつけるぐらいハマりました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    

-プレイリスト
-,

Copyright© るしるし , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.