ネットで音活!

Twitterに気軽に音源を公開出来るサービス「MQube」の登録や設定について

投稿日:2017-05-31 更新日:

 

るしる(@aromusica)です。

 

つい最近ですが、ツイッターと連携できるシンプルな音源公開サービス「Tmbox」に登録し、音源を何曲か公開しました。

 

しかし残念ながらサービスが終了することとなり、この度

「MQube」

を使ってみることにしました。

Tmbox同様簡単に作れますので、今日は登録や音源公開のやり方をまとめておきます。

 

スポンサーリンク

MQubeって何?ってことやねん。

MQubeとはTmboxの後継サービス。気軽にしかも簡単に自作音楽をアップロード出来るます。サービス内容は

  • mp3, m4a(AAC)を投稿できる
  • ヒトコトだけのセリフからフルの歌まで投稿可能
  • Twitter向けの機能ですがブログやHP、Lineなどに使っても大丈夫
  • mp3ファイルのみ。1曲50MBまで。曲数や合計容量での制限などはない

 

おとであそぶ MQube

 

5月末現在βテスト中ですが、色々とアップデートや修正をされています。

経過についてはツイッターをチェックしましょう

@MQubenet

 

MQubeに登録する

早速登録してみたので、その流れをメモしておきます。

まずMQubeのトップ画面を開き、画面右上にある「登録」をクリックします。

 

ユーザー登録

 

登録方法は「Twitter認証」か「IDとパスワードを新規作成」の2種類です。

 

Twitterで登録してみました。

水色のボタン、ツイッターの「認証する」をクリック。

 

「連携アプリを認証」をクリックします。

 

認証が終わると画面が切り替わります。スクロールで画面下に行くと、IDと表示名の変更ができます。

 

IDは半角英数字2〜15文字

表示名は1〜15文字です。

 

最後に「更新する」をクリックします。

登録作業は以上になります。

 

Twitter設定、パスワード設定

画面が切り替わると、以下の項目が表示されます。

 

Twitterの連携はここで設定します。

音楽再生ページにあるツイートボタンを含めると、以下のように表示されます。

 

プロフィールページにTwitterリンクを追加すると以下のように表示されます。

 

最後にパスワードを作成して、最後に「更新する」をクリックします。

 

設定

画面が切り替わると設定画面になります。

通常時は画面左上のプルダウンから「設定」をクリックすると同じ画面が表示されます。後からでも変更可能です。

 

 

設定画面はこんな感じ。

 

 

ここでもIDと表示名は変更出来ます。

アイコン、ウォール画像はこんな感じで表示されます。

 

アイコンのサイズは400×400(大きめに作っておけば、他でも使えるし)

ウォールのサイズは1600×530(noteと同じ大きさで作ったもの)

 

もう少し小さいサイズでも行けそうですが、上手くハマったのでこの大きさの画像を使いました。

 

プロフィールも後から変更可能なので、とりあえずでも作っておきましょう。

入力が終わったら「更新する」をクリックします。

 

ここで設定した画像などを確認するときは、画面右上のプルダウンより「プロフ」を開くと確認出来ます。

退会方法

「設定」のページ一番下に「退会する」が表示されているので、クリックして、退会処理を進め削除します。

退会のやり方がわかりづらい、面倒なサイトもたくさんある中、ちゃんと退会の処理も出来るので安心して使えると思います。

 

まとめ

登録や設定はシンプルで簡単なので問題なく作成できると思います。

音源のアップロードやその他の機能については次回の記事でお話しします。

 

本当はSoundcloudに移行しようかとも思ったのですが、せっかくですのでしばらく使ってみようと思います。

ただ、Tmboxに限らすサービスを使っての公開は突如終了する。

ついっぷるも終わってしまいますしね。

 

まぁそれは終わった時に考えるとして、まだ始まるばかりのサービスですが、逆にまだまだ使ってる人も居ないので、色々楽しみもあります。

ぜひお試しあれー。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    


-ネットで音活!
-

Copyright© るしるし , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.