DTM

【DTM】長年お世話になったDAWソフト「SONAR」を私が卒業した理由。

投稿日:2016-06-29 更新日:

 

るしる(@646blog)です。

 

DTMを始めたのは、実はバンドマン時代。辞めたくせに、未練がましくDTM周りは残しておいた。

 

ずっと「SONAR」を使い続けたのですが、慣れ親しんだDAWソフトから卒業することにしました。

 

スポンサーリンク

今まで生粋のCakewalkっ子でした。

「Cakewalk Home Studio」から始めて、最終的に「SONAR X1 PRODUCER」まで使っておりました。

 

X1まで行った時点で、アップグレードは止めてます。

「DAW」は最低限の所まで用意出来たと思い、プラグインソフトなど、他の事に目を向けました。

 

途中で「Cubase」にも乗り換えようかと思ったけど、両方似たようなソフトなので、使い慣れた「SONAR」を愛でる日々。

 

私が「SONAR」を卒業した理由。

さすがに「X1」では物足りなくなってきたので、最新のやつにしようかと思ったらですね、

 

SONARが

サブスクリプションを召喚した!

 

SONARでは、メンバーシップ制といいますが ( ˘ω˘)スヤァ

 

【DTM】DAWソフトを買う前に知っておきたい「サブスクリプション制度」について。

 

例えるならアレよ。

セフィロス好きだけど「絶望を贈ろうか」って言われちゃったのよ、奥さん!

 

 

ちなみに、SONARで次に行こうとしたのがコチラ

SONAR | 特長 | TASCAM

私ですね、AASの音源を幾つか持っててカブってしまうんですよ。あとAddictive Drums 2は欲しかったんですけど、召喚獣のエサ代(コラ)で買えるじゃないかと、

 

だったら、もう召喚獣の居ない世界に引っ越すしかないなと!

 

でも1番の理由は「メンバーシップ制度」の概要が、全く伝わらなかったんです。分かりづらい。アップグレード以外にもお金掛かるなら、他のことに使いたくなった。

 

ローランドのCakewalk売却も考えるキッカケに。

自分の中で引っ越しを考えたキッカケがですね、SONAR Platinumが出る前なんですけど、SONARはアメリカのCakewalkが開発していたのですが、親会社は、日本のローランドだったんです。

 

私は元々、シンセも音源モジュールもエフェクトも、とにかく「ローランドクラスタ」SONARを選んだ理由も、デジタルに強そうなイメージのローランドが販売してるから買ったようなものです。

 

そのローランドがCakewalkを売却します。

 

Gibsonに

 

これが私はひじょーに怖かった /(^o^)\

 

私は、レスポールが最高の武器だと思っています。名刀「正宗」です。Gibson大好物です!

でも、ここ近年いや、18の時にレスポールスタジオ買った頃からか?それ以降どんどん残念になって行くイメージがありまして・・・

 

|ω・‘) 大丈夫かな?って(笑)

 

Gibsonじゃなくても、売却とかによってソフトの仕様や方向性が変わったり、将来無くなったりするのも「無い」とは言えないよなぁと。

 

まとめ

なんやかんやで、引っ越すことにするわけですが、本当は、「次こそ、Mac+Pro Toolsや!」と思ってたんです。

それがね、やつも召喚したでしょ?

 

さて、るしるさんが次に選んだDAWソフトは何でしょう?そのお話は次回に続きます。

アディオス!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    


-DTM
-

Copyright© るしるし , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.