るしるし

元バンドマンが音楽活動再開して余生を生きてます

音楽

ザ・ローリング・ストーンズがまだまだロック鳴らしてやがる。

更新日:

ザ・ローリング・ストーンズがまだまだロック鳴らしてやがる。

 

るしる(@646blog)です。

 

アメリカ大統領選挙でざわっとしてますが、

ストーンズの新しいMVが公開されました。

 

70越えても世界飛び回ってツアーをずっとしてます。

その間にレコーディングもしてました。

 

世界はこれからどうなるのかわからんが、こんな日はシンプルなロックでも聴いておくよ。

好きな事をやろう。

 

 

あぁ、まだまだストーンズの音が聴けるんだね。

 

私がストーンズを初めてみたのは、21年前・・・(マジかw)

観に行った理由は「年齢的にこの先あるかどうかわからないから」(コラ)

 

そこからは新譜もツアーも「これが最後かもしれないから」って思ってた(笑)

2014年の来日ツアーはホントに最後だと思って行ったし(ミックに関しては最後だと思えなかった)アルバムなんてもう無いもんだと思ってた。

 

そこに11年ぶりのアルバムから

「Hate To See You Go」のMVが公開された。

 

 

もう、私はそこに映るストーンズのメンバー見るだけで幸せですありがとうございます。

(チャーリー( ゚∀゚)ノ チャーリー( ゚∀゚)ノ←ドラムのチャーリー大好き)

「あぁ、まだまだストーンズが見れるんだ」

21年経っても、居ます。THE ROLLING STONES

 

ブルースも心地よくて、あたたかみ溢れるMVです。

音かっけぇー。

 

11年ぶりの新作はカヴァーアルバム

 

12月2日に11年ぶりとなるニュー・アルバム「ブルー&ロンサム」がリリースされます。
 

 
往年のブルースのカヴァーアルバム。

でも音も歌もストーンズ節なので、知らなくたって聴いてて楽しくなる。

ここから原曲を漁るのもいいし、音に関しても、違いが大きいのでおもしろい。

(ストーンズ自体、初期と後期で聴き比べて楽しい)

 

はいはい、バンドマンも宅録さんも注目

 

ブルースはレコードでノイズも混ぜて聴くのが心地良いかもしれないが、

現代の環境、ミックスなどで聴くブルースも楽しい。

太さというか厚みというか、ブルースだけじゃなくとも、ここの帯域はロックやってる人欲しいと思う。

 

しかも、音数少なく、空間もある。けど、しっかりしている。

まぁこれって録りの時点でしっかりやらないと出来ないっていう原点話なんだろうけど。

 

で、この「ブルー&ロンサム」は

 

レコーディング期間 3日間

全曲 オーバーダブなし

 

もうすっかりDTM野郎な私は殴られそうだね。

パンチインだとか、トラック3個ぐらい分けて録るとかね、

カセットMTR世代のくせに贅沢しすぎてるんだよ。

 

私はストーンズを聴く理由が少し最近変わってきてまして、

DAW使ってて余計な事しだしたら、あえて聴きます。

 

別にシンプルにやってええんだってば。

って言い聞かせる。

 

突撃!隣のエリック・クラプトン

 

このアルバムには、なんとエリック・クラプトンも参加しています。

 

理由:隣のスタジオでレコーディングしていたから

 

すごいよね、隣のスタジオにクラプトン居るんだよ?

隣に居たからってだけで、ギター弾くんだよ?

 

 

私の家の隣は・・・子供いるな。リコーダー頼めるかな?

 

まとめ

 

ロック聴かない、宅録さんもストーンズの初期は、ミックスの仕方もおもしろいので聴いてほしい。(パーカッションの配置や鍵盤もの)

 

ミックがコラボしたこともある、デヴィッド・ボウイはもういません(泣)

それもあってか、今もこうして鳴らしているストーンズは、後追いより今聴いてほしい。

 

THE YELLOW MONKEYのLOVIN(吉井和哉)も言ってました。

再終結のキッカケが

「70越えてもロックしてるストーンズ」

 

「70越えてもロックしてるんだから」と、またバンドやりたいと思ったそうです。

(ストーンズライヴを観て、メンバーにメールを送ったそうな)

 

もう、全然、いつまでもロックも音楽も出来るんじゃないでしょうか?下の世代。

 

ワシはワシで好きにロックするわ

アディオス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    

-音楽
-,

Copyright© るしるし , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.