音楽

氷室京介のLAST GIGSが、ついに幕を開けてしまう時が来た。

投稿日:2016-04-22 更新日:

 

るしる(@aromusica)です。

今日は単純なロックバカとなって、好きなアーティストのお話を。

 

氷室京介

 

今まで、いろんな音楽を聴きライブにも行った。私が現在最も好きなライヴは氷室のライヴ。

こんな終わり方があるのか。

想像もしたことがなかった、ソロアーティストの終幕。まだ知らない世界があった。ついにその日が、来てしまう。

 

スポンサーリンク

突然の引退発表、FINAL DESTINATION

2014年25周年のホールツアーの最終日に、MCで引退、卒業を発表。

このツアーは東京公演を観に行ったが、まさかこんなことになるとは思っていなかった。

1週間後に横浜スタジアムでツアーを締めくくる。チケットも取っていた。

楽しみから一転、こちとら気持ちの準備が出来ない。

「これがLAST LIVE」と覚悟して行くなど、現実味が無かった。

 

当日には「最後」と噛みしめてライヴを観戦。

横浜の花火大会と重なり、バラードの終わりにポンッと花火が上がるのが見える。

しかし天候が変わり、厚い雲に覆われる。ステージのライトが夜空にぼやけて広がる。

そして雷のフラッシュと低音の響き、豪雨で中断。

 

セットリストも最高だったが、この偶然の演出のおかげで7月20日のライヴは、

生涯観たライヴの中で1番になった。

 

正直、ここで終わりでも構わなかった。それぐらい、最高だったから。

 

このライヴは今日までに何度見たことか、、、ホント詰まってる。ギュッと。

 

最後のツアーはLAST GIGS

まさか、LAST GIGSを体感することになるとは。ロックに目覚めた時にはすでに解散していた、BOφWYの最後と同じタイトルだ。

このラストツアーでは、ファンからのリクエストも募っていて、BOφWYの楽曲も含まれていた。「本当に氷室京介を終わらせるんだなぁ・・・」と、やっと、「最後」が来るのを感じるようになった。

そして、ついにツアーが始まる。

大阪と、東京で私はライブを観る。

まだ、解ってない。あのラウドな空間をもう体感出来なくなる淋しさ。

 

今までに体感してない「終わり」

自分の中で、1番ショッキングだったのは、バンドの解散、アーティストの死によって、ライヴが観れなくなる経験はしてきた。

ソロアーティストが引退なんて思ってもみなかった。年齢的にも、まだ・・・

ここ何年かの再結成ブームのおかげで、こんな感情はどっかに行っていたよ。

 

音楽をやっていると、観る視点が変わるから、純粋に「うおおおおお!!!!」ってキャッホー暴れられるライヴっていうのは、そう無い。

氷室は会場も大きいから、とおーい存在すぎて、憧れることも出来る。

ホント単純に氷室のライヴが大好きなんだよ。

 

さて、来週の今頃私はどんな感情だろうか。5月21日のLAST GIGSを終えた頃、どうなっているかな?

WILD AT NIGHTやったら叫びまくるぜ!

Wild Romanceやったら泣くぜw

それだけは確実。

Adios! carpe diem!!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    


-音楽
-

Copyright© るしるし , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.