楽曲制作

Dragon Ashのkjと10-FEETのTAKUMAの楽曲制作の話がおもしろい。

投稿日:2016-07-21 更新日:

 

るしる(@aromusica)です。

 

何気に見たyoutubeに、Dragon Ashのkjと10-FEETのTAKUMAが出ている番組がありまして、

とてもおもしろい、役に立つこと満載だったのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

アーティストが語る、制作方法は聴いてるだけで学べる。

「オトナの!」という番組でのkjとTAKUMA、MCのいとうせいこうと3人でのトーク。どれも音楽をやっている人には刺激的な内容です。

 

FESでも一緒になることが多いDragon Ashと10-FEET詞の書き方、曲の作り方、ルーツまで、kjとTAKUMAが語ります。

音楽理論の本よりも、好きなアーティストが語る、制作方法の方が、興味のアンテナや吸収率は良い気がする。

 

「こうやって曲が出来るんだ!」

という、過程を知る機会は少ないから貴重。

 

kjの曲作り、詞の書き方がめずらしい。

曲も詞も書き方は自由です。

詞先もあり、サビのメロから始めるもよし、ギターのリフから始めるもよし、

 

私はTAKUMAの作り方と似ています。が、kjの作り方は意外だった。

 

完全にオケが出来上がってから、メロをつける。

詞はAメロの最初から最後まで順番に書く(サビから書くとかはしない)

 

もともと、ベースからバンドを初め、ミクスチャーに出会い、サンプラーを知り、「トラックを作る」ということに興味があったということで、こういう作り方も出来るんだと思います。

私なんかは、リフから作っても、だんだんメロも乗っかって進行が展開していくので、この作り方おもしろい。

 

MCのいとうせいこうが話す「言葉の選び方」も勉強になります。

 

 レーザージュークボックス知らないの?

TAKUMAがルーツを語っている時「レーザージュークボックス」の話が出てくるのですが、

誰も知らない・・・

 

TAKUMAが「えっ?」となる中、いとうせいこうに「夢なんじゃない?」と言われる始末w

ボウリング場にあって、お金を入れると見たいMVが見れて音も聴ける。使われていないレーンの画面に、その映像が流れる。

 

ワシ、kjと同い年だけど知ってるぞ!wTAKUMAも言っているが、関西にしかなかったの?(三重県にはあったで)

私も友達とボウリング行った時は使ったことあります。そこで流れていたやつで好きになった洋楽もある。

 

アーティストの楽曲制作の話ってありがたい。

私も、好きなアーティストの楽曲制作話で、曲作りもアレンジも覚えたようなもんです。今聞いても、発見があったり、やっぱり「作る」って楽しいなーと思う。

 

バンドやりたい小中高生は、好きなアーティストのこういう話だけでなく、好きなアーティストが影響を受けたアーティストまで、さかのぼるとおもしろい。私はそうやって、めいいっぱい音楽の幅を広げました。

バイトも出来ない、楽器買えない、ライブできない、けどバンドやりたい小学生、中学生に出来ることは、

 

思う存分音楽を聴きまくる。

 

youtubeもある時代だし、スペインやイタリアのロックもおもしろいよ!

アディオス!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    


-楽曲制作
-,

Copyright© るしるし , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.