wordpress

PS Auto Sitemapで簡単におしゃれなサイトマップを設置

2018-01-03

wordpress

 

今回はWordpressで作ったサイトに

サイトマップのページを設置します。

 

「Google XML Sitemaps」というプラグインも使っていますが、

これはあくまでGoogle向けに用意したサイトマップで、

 

今回用意するものは、サイトを観覧する人向けのものです。

 

設置してないサイトもありますが、私は以前Amazonアソシエイトプログラムの審査になかなか通らず、サイトマップ設置で解決した(と思われる)ので、

設置しております。

 

サイトマップはぶわーっと一覧表示されるので見ない人も多いかと思いますが、

観覧者だけでなく、自分自身のサイトの整理でも見るのに使えます。

 

プラグイン「PS Auto Sitemap」を使うよ

今回サイトマップの作成には「PS Auto Sitemap」を使いました。

 

まずインストールします。

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」をクリックし「PS Auto Sitemap」で検索します。

ps auto sitemap instal

 

「今すぐインストール」をクリックし、インストールが終わったら「有効化」にしておきます。

 

次にサイトマップを表示させるための固定ページを準備しておきます。(後からでもOKです)

固定ページで新規作成で作り、保存。固定ページ一覧を開き、先ほど作成したページのIDをメモしておいてください。

 

ps auto sitemap set1

IDの調べ方は、ページ一覧でタイトルにカーソルを当てると画面左下に文字が表示されます。その中の、

「post=数字」この数字が記事のIDになります。

 

「PS Auto Sitemap」の設定

プラグインを有効化すると、Wordpress画面左のメニュー「設定」の中に「PS Auto Sitemap」が追加されますのでクリックします。

ps auto sitemap set2

 

基本デフォルトのまま、以下の項目だけチェックしてください。

 

サイトマップを表示する記事

先ほどメモした固定ページのIDの数字を入力します。

 

除外カテゴリー/記事

表示させたくないカテゴリーや記事があれば、IDの数字をここに入力します。ID調べ方は投稿記事も先ほどと同じやり方でできます。

 

スタイルの変更

ここでサイトマップの表示ページのスタイルを変更できます。シンプルなものから、チェックマークつき、付箋、音符などポップなものもありますので、お好みで変更してください。

 

最後に「変更を保存」をクリックします。

 

保存ボタンの下に「ご利用方法」の項目があります。その中のコードをコピーします。

ps auto sitemap set3

 

このコードを固定ページにテキストエディターで貼り付けます。

ps auto sitemap set4

 

これで作業は終わりです。

 

完成品がこちら

sitemap

 

サイトマップはこのようにカテゴリーごとの一覧がパッと見れるので、

そのブログにどのようなコンテンツがあるのか簡単に見れます。

 

カテゴリー以下が見やすくなる。

記事が増えると過去記事は埋もれてしまいますので、探すのにもとっても便利。

 

設定自体とても簡単でコードを貼り付けるだけで終わるので、「PS Auto Sitemap」オススメですよ。

 

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

るしる(Lucir)

元バンドマンが10年のブランクを経て音楽活動をネットで再開し、DTMで楽曲制作したり、音楽ブログ運営してます。

-wordpress
-