Wordpress

WordPress「Redirection」の設定と基本的な使い方

投稿日:

 

サイトのURLが変更になった場合に行うリダイレクト(転送)を、

「.htaccess」ファイルを編集せずに、

WordPressプラグイン「Redirection」で行いました。

 

リダイレクト作業は今までもやったり、他のプラグインも試しましたが、

「Redirection」がスムーズにエラーも出ることなくリダイレクト出来ましたので、

今回はインストールから使い方までを記しておきます。

 

今回の作業としましては

「新しいサイトに今ある記事を移動する」

という作業になります。

 

「Redirection」のインストール

WordPressプラグインのインストールについてわからない方はこちらをチェック

関連記事>>>WordPressプラグインの初期設定

 

WordPress「プラグイン」→「新規追加」をクリックし、

「Redirection」を検索します。

 

「今すぐインストール」をクリックし、インストールが終わったら「有効化」をクリックします。

 

「Redirection」の設定

プラグインを有効化すると、Wordpress右画面のメニューの「ツール」の項目に、

「Redirection」がありますので、クリックします。

 

「Redirection へようこそ」というページが開きますので、下にある、

「セットアップを開始する」をクリックします。

 

基本セットアップの画面に切り替わります。

上から2つ

 

Monitor permalink changes in WordPress posts and pages.

(ワードプレスの投稿とページのリンクを監視)

 

Keep a log of all redirects and 404 errors.

(すべてのリダイレクトと404エラーのデータを保存)

 

の2つにチェックを入れ「セットアップを続行」

をクリックします。

 

ページが切り替わったら、少しだけ待ちますと

「REST API:」が「Good」になります。

「セットアップ完了」をクリックします。

 

セッティング画面のProgress:が100%になったら

「完了」をクリックします。

 

設定は以上になります。

 

「Redirection」の使い方

「転送ルール」の画面下に「新しい転送ルールを追加」という項目があります。

ここで入力を以下のように行います。

 

 

ソースURL:変更する前のURL

ターゲットURL:新しいURL

 

を入力するだけです。

入力の際URLの前にスペースがあるとエラーが下に表示されるので気をつけてください。

 

一番下にある「転送ルールを追加」をクリックします。

 

処理が終わると一覧に表示されます。

転送先URLの下には

「編集」「 削除 」「無効化 」「 Check Redirect」

の項目があります。

 

「 Check Redirect」をクリックして、

転送先で記事が表示されているかチェック出来ます。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
るしる(Lucir)

るしる(Lucir)

元バンドマンが10年のブランクを経て音楽活動をネットで再開し、DTMで楽曲制作したり、音楽ブログ運営してます。

-Wordpress
-

Copyright© るしるし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.