ブログ/HP作成

WordPressをhttps(SSL化)した後に行った修正まとめ

投稿日:

 

るしる(@aromusica)です。

 

前回の記事

 

に続きまして、SSL化した後のことをまとめます。SSL化することも大きな作業なので、その後に起こる修正部分も把握しておくと、いざ修正するときに気が滅入ることはないかと思います。

参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

サイトをhttpsにSSL化する

私は、わいひらさんの記事を参考にSSL化しました。

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

 

SSL設定を行った後にすることは

  • WordPress設定でのURL変更
  • 内部リンクをWordpressプラグインSearch Regexで置き換え
  • .htaccessにリダイレクト用のコード追記
  • Google Analyticsの設定
  • Google Search Consoleの設定

これ以外の作業について、最終的にはサイトを

「情報、または保護されていない通信」の状態

から

 

「 保護された通信」https と緑で表示に修正します。

 

Macで「.htaccess」ファイルを編集する方法

意外なところでつまづいた。いざ「.htaccess」ファイルを編集しようと思ったら開けない!開くも何も見えない(笑)

大谷大さん(@delaymania)のおかげで解決できました。

Macで「.htaccess」のファイルを編集できるようにする方法

 

Windowsではこんなことなかったので焦りました。

なお、この「.htaccess」というファイルは非常に大切なファイルですので特に慎重に扱いましょう。

以前失敗して、前のブログ100記事以上と共にブッ飛んで終わった経験があります・・・

 

WordPressでの修正

ここからはサイトの修正について。私が行った修正箇所をまとめておきます。以下の部分を修正すれば大体の記事は「 保護された通信」で表示されると思います。

 

記事以外の画像を修正

WordPressプラグインSearch Regexでリンクの修正は行っているのですが、読み込み直しが必要だったのが

  • サイトバナー
  • ウィジェットに表示されている画像
  • ふきだしの画像

ウィジェットは画像だけでなくリンク先、ボタンなどもチェックしてください。ウィジェットを修正するだけでもかなり解決できます。

 

ふきだしの画像はこれ

源三
まいど!

 

私はAFFINGER4についているふきだしの機能を使っていますが、ここも読み込みの直しが必要でした。プラグインで設置されてる方も修正が必要かもしれません。

 

Feedlyのフォローボタン

Feedly自体はSSL対応後RSSを取得してくれまずが、フォローボタンを設置している方は修正が必要です。やり方はこちらにまとめてあります。

 

アフィリエイト広告のバナー、リンクの修正

アフェリエイト広告もSSL対応になっているのですが、特に最初の頃の記事は修正が必要でした。カエレバの直しが一番多かった。サイトで新たにコードを取り直して貼り付ければ大丈夫でした。

 

まとめ

おっかなびっくりでやったものの、すんなりとSSL化することが出来ました。

一応アクセス数が少ない時間帯に作業を行いました。

 

修正に関しては1記事1記事やる前に、今日取り上げた部分を先に修正するだけで時短できると思います。

 

表示の修正と共に記事自体も全部見直したので時間がかかってしまいましたが、だいぶ整理も出来ましたし、リライトに関してはもっとマメにやらないと後が大変だなと・・・

 

さて、一山超えましたので、またブログを再開させて行きますよー。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

アディオス!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

    関連記事    


-ブログ/HP作成
-,

Copyright© るしるし , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.