音楽活動を再開した私が、ボイストレーニングに通いだした3つの理由

投稿日:2016-08-18 更新日:

 

音楽をもう一度やろうと決めた時は全く考えていなかったが、

ついにボイトレに通いだしました。

 

ボイトレというと、本気でプロを目指す、ボーカリストが習うものと思っている部分はあった。

昔はギタリストだったが、今は一人で音楽をやっている。歌っている。

 

いつかは「歌」も勉強していかないと、と思いつつ後回しに。

目先だけでなく、1年後、3年後と考えたら、「準備」しないとダメだなと。

 

「ライブをやる」という目標を達成するために。

 

ボイトレは10代の頃に習ったことがありました。

私がボイトレに通うのは、これが初めてでは無いです。

18歳の頃に、3ヶ月だけ習ってました。

 

当時、三重県に住んでましたが、1時間かけて名古屋まで通ってましたw

今思うと、凄いやる気あったんだなぁ・・・辞めた理由は、上京資金貯めたかったのと、

 

インスタラクターがですね、自分の好みじゃないポップスを歌えとか、ロック向きの声じゃないとか、色々言われました。

まぁ、子供だったのもありますけど、自分の行きたい方向に行ける気がしなかったです。

 

発声からちゃんとやりたかったんですけど、イマイチ習えず終わりました。

 

全く歌うことが出来なくなるとこまで落ちた。

今年の初めに、ウイルス性の病気で、高熱と、喉が腫れて入院しまして・・・

喉は、もちろんなんですが、呼吸も弱々しくなり、声も出せない、張れないから喋る気力も失せ、話さなくなりました。

 

良くなってきた頃に、歌ってみたら・・・

 

1曲歌いきれずにバテた!

 

声が出ない、ピッチが取れない、口が開かない、顎が痛いw

もう、只でさえピッチが取れなくなったこと気にしてたのに、さらに酷くなって

 

これは本気で、ヤバイぞ、と。

 

音楽辞めた人間が、リトライで習おうと思った理由。

このままではイカンぞ!と言うより、その先も見据えて、ボイトレに通うことにしました。

私がボイトレに通い出した理由です。

 

歌えるようになりたい

「上手く歌う」とかじゃなくて、自分の楽曲制作はもちろんですが、

いずれはライヴをやりたいと思っているので、その準備をしとかなくてはいけない。

 

刺激

今、ひとり宅録なので、ネットではいろんな方と接したり、刺激をもらうのですが、

リアルな体感として、刺激が欲しかったです。

 

ダメ出しされて、その場で修正を意識出来るとか、ダイレクト感ってやつが欲しかったのかも。

 

モチベーション維持

今の仕事が不規則すぎるので、「音楽をやる時間」すら取れなくなってきたんですけど、

クソ忙しい中に、無理やりでも、音楽をやる時間をブチ込みたかった。

 

実際ハードでも、レッスン終わるたびにやる気がUPするので、

気持ちを循環させることが出来てます。

 

ボイトレ通いだして大正解でした。

普通の通いたい理由とは、少しズレてるかもしれませんが、

18の頃はただ、「歌うスキル」を身につけたかっただけ。それを習いに行ってただけ。

 

今は、それプラス、メンタルやコンディションも考えれるようになった。

体を壊したから、体を使うことも身を持って知れたのも大きいけれど、

 

「歌う」ってことを、今までで一番意識して、考えているかもしれない。

 

ボイトレは偏見というか、インストラクターの相性もあるし、教える内容とかで、

自分の歌うスタイルが変わってしまうから、難しいと思います。

 

私自身、そこが気になって、いつかは行こうと思いつつ抵抗がありましたもの。

 

せっかくブログやってるんだし、教室の選び方や、成長過程を記すことにしました。

これもモチベーション上げるのには、持って来いだし、

 

あれ?ボイトレ習ったのって・・・・

20年前じゃねぇかぁぁぁああ!!!

20年越しの再開かよw

 

っていう、のそのそ人生を送っております。

 

 

  • B!