Stable Diffusion拡張機能アイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 Stable Diffusion

【Stable Diffusion】拡張機能の導入方法・おすすめ【Extensions】

 

Stable Diffusionをもっと効率よく使えないかな

 

Stable Diffusion拡張機能は、画像生成作業を効率的かつ簡単に行えるようサポートする強力なツールです。

初心者の方は特に、拡張機能を使うことで効率よく画像生成ができるので、早めの段階で導入しておきたいツールです。

 

今回は拡張機能をローカル環境で導入する方法やおすすめのツールを紹介します。

 

※この記事は随時更新していきます

 

こんな方におすすめ

  • Stable Diffusion初心者
  • Stable Diffusionの作業効率を上げたい方
  • 拡張機能の導入方法を知りたい方

 

Stable Diffusion拡張機能でできること

 

Stable Diffusion拡張機能(Extensions)は、Stable Diffusionに元々備わっていない機能を追加することで、作業の効率化と簡易化を図ります。

特に、AIを利用して画像を生成する際に有効な拡張機能が揃っています。

 

拡張機能には様々なものがありますが、このような機能があります。

 

  • 画像サイズやアスペクト比をワンクリックで変更
  • プロンプト入力補助
  • キャラクターのポーズ調整や線画の抽出
  • WebUIの日本語化
  • プリセット保存

 

など

 

ローカル環境での拡張機能導入方法

 

拡張機能の導入は、リストから選択する方法とURLを指定する方法の3種類があります。

インストール後は、WebUIをリロードするのを忘れないでください。

 

リストから選択

WebUIを開き、Extensionsタブをクリックします。

 

stable-diffusion-webui_メニュータブ

 

「Available」タブをクリックし、「Load From」のボタンをクリックします。

 

stable-diffusion-webui_拡張機能_load form

 

すると拡張機能のリストが表示されるので、使いたい機能の項目にある「install」をクリックします。

 

リポジトリURLからインストールする

WebUIを開き、Extensionsタブをクリックします。

 

stable-diffusion-webui_メニュータブ

 

「Install from URL」のタブをクリックします。

 

stable-diffusion-webui_拡張機能_install_from_URL

 

「URL for Extensions git repository」と書かれたボックスにURLを入力します。

Installボタンを押せば数秒でインストール完了です。

 

リポジトリURLの入手について

入力するURLはGithubで直接探すか、Redditなどのネットで探します。

 

GithubのExtensionはこちら

Extensions · AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui Wiki · GitHub
Extensions · AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui Wiki · GitHub

Stable Diffusion web UI. Contribute to AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui development by creating ...

github.com

 

Extensionsの項目にある、ダウンロードしたいリンクをクリックします。

 

stable-diffusion-webui_拡張機能_URL

 

一覧表の上のCodeをクリックするとURLが表示されるのでコピーして、「URL for Extensions git repository」に貼り付けてインストールします。

 

ローカルファイルを指定してインストールする

PCにダウンロードしたり、自作した Extension スクリプトがローカル上にある場合は、

 Extension スクリプトを「Stable-diffusion-webui」フォルダ下の 「extensions」フォルダに入れます。

 

stable-diffusion-webui_拡張機能_フォルダ

 

 

ローカル環境での拡張機能の更新

 

ローカル環境では、拡張機能の更新が必要な場合があります。

特定の手順に従って、最新の拡張機能を保持することが重要です

 

おすすめの拡張機能

 

Stable Diffusion拡張機能の中で特におすすめのものは以下の通り

 

Stable DiffusionのWebUIの日本語化

デフォルトは英語なので、言語を日本語にするための拡張機能です。

「SD web UI日本語化プロジェクト」の有志の方々によって行われています。

 

Stable-diffusionは項目が多く、見慣れない単語も多いため日本語化すると使いやすくなります。

 

公式ページでインストール手順も掲載されています。(もちろん日本語)

 

GitHub - L4Ph/stable-diffusion-webui-localization-ja_JP: sd.webui(AUTOMATIC1111版)の日本語化
GitHub - L4Ph/stable-diffusion-webui-localization-ja_JP: sd.webui(AUTOMATIC1111版)の日本語化

sd.webui(AUTOMATIC1111版)の日本語化. Contribute to L4Ph/stable-diffusion-webui-localization-ja_JP developm ...

github.com

 

Booru tag autocompletion for A1111(プロンプト入力補助)

プロンプトを入力すると、それに関連するプロンプトを予測して表示してくれる入力補助系拡張機能です。

例えば「Brown」と入力すると「eys」や「hair」などよく使われる単語が表示されるので選択して入力することができます。

 

GitHub - DominikDoom/a1111-sd-webui-tagcomplete: Booru style tag autocompletion for AUTOMATIC1111's Stable Diffusion web UI
GitHub - DominikDoom/a1111-sd-webui-tagcomplete: Booru style tag autocompletion for AUTOMATIC1111's Stable Diffusion web UI

Booru style tag autocompletion for AUTOMATIC1111's Stable Diffusion web UI - DominikDoom/a1111-sd-we ...

github.com

 

Aspect Ratio selector(アスペクト比変更)

アスペクト比を簡単に選択できる機能

バーを調節しなくても、クリックで指定できます。

 

導入方法や使い方などはこちらで解説しています。

Aspect Ratio selectorアイキャッチ
Aspect Ratio selectorで画像サイズを一発変更

    Stable Diffusionの画像サイズは基本「512×512」ですが、縦長や横長で画像を作りたいと考える方も多いのではないでしょうか。 サイズの変更はバーを動かすか数 ...

続きを見る

 

ControlNet

画像からポーズを抽出して画像を生成したり、線画から画像生成できたり、使い道が豊富で便利なツールです。

種類がいくつかあり、初心者には情報量が多く感じるかもしれませんが、生成効率とクオリティアップは確実なので導入をおすすめします。

 

導入方法や使い方などはこちらで解説しています。

ControlNetの導入方法・種類について
【Stable Diffusion】ControlNetの導入方法・種類について

    画像生成AIはなかなか1回で納得いく画像を生成するのが難しく、ガチャを回すとも言われています。 特にポーズの指定はプロンプトで作るのも初心者には難しいと感じてしまうでしょう ...

続きを見る

 

Config-Presets(設定保存)

Stable Diffusionの設定を保存してくれる拡張機能です。

設定を保存することでプリセットとして使うことができるので、作業の効率化を図れます。

 

GitHub - Zyin055/Config-Presets: Extension for Automatic1111
GitHub - Zyin055/Config-Presets: Extension for Automatic1111

Extension for Automatic1111. Contribute to Zyin055/Config-Presets development by creating an account ...

github.com

 

OneButtonPrompt(プロンプトをランダムに作成)

プロンプトを自動で作成してくれる拡張機能。

導入間もない方はプロンプトに悩む時間を解消します。

 

Stable Diffusionは覚える機能が沢山あるので、まずは生成回数を増やし、機能やプロンプトについて学ぶ時間を作ることができます。

 

導入方法や使い方についてはこちらの記事をご覧ください

拡張機能onebuttonpromptアイキャッチ
【Stable Diffusion】プロンプトをランダムに作成「OneButtonPrompt」

    ChatGPTの「DALL・E 3」や。Adobeの「Firefly」などの画像生成AIですと、日本語入力もできたり、プロンプト入力も簡単。 これに慣れていると、Stabl ...

続きを見る

 

まとめ

 

拡張機能は沢山の種類があるので、調べるのも大変なのですが、導入すると作業効率が圧倒的に良くなるので、是非自分に合うものを見つけて取り入れてください。

初心者の場合ですと、学びの時短として挫折せず生成する時間を作れることにもなります。

 

関連記事

プロンプトの基礎から、目的別プロンプトなどをまとめた記事です。

プロンプトのルール_アイキャッチ
【Stable Diffusion】まず最初に覚えたいプロンプトのルール

  ChatGPTの「DALL・E 3」やAdobeの「FireFly」ですと、日本語での入力も対応しているので、それらの画像生成AIと比べると、難しいと感じてしまいそうなStable Di ...

続きを見る

 

ネガティブプロンプトは「Embedding」という画像生成クオリティをアップ、また作業効率化を図れるツールを導入するだけで簡単に作れます。

プロンプトを覚えるには時間がかかりますので、こちらを先に入れる方がラクになるでしょう。

EMBEDDINGSについて_アイキャッチ
【StableDiffusion】Embedding導入方法・おすすめについて

    今回はStableDiffusionでの画像生成クオリティをアップ、また作業効率化を図れる「Embedding」について説明します。   モデルをダウンロードする ...

続きを見る

 

ぼやけた感じや薄い色をもう少し彩度を上げたいなど画質向上には「VAE」というツールを使います。

VAE_アイキャッチ
【Stable Diffusion】VAEとは何か。使い方や便利な設定について

    Stable Diffusionの「VAE(ブイエーイー)」とは、簡単に言うと画質のクオリティを上げるツールで、導入するだけで   ぼやけた画像がクリアになる 彩 ...

続きを見る

 

 

Stable Diffusionガイド

Stable Diffusionカバー

Stable Diffusionを導入から、
プロンプト、モデルなど項目別に初心者にもわかりやすく解説しています。

記事一覧はこちらからチェックしてみてください

詳しくはコチラ

 

Stable Diffusionで大事なグラボ

画像生成において、グラボは妥協せずに用意しましょう。

最低でも「RTX 3060」を用意すると、生成もスムーズに行えます

 

Stable Diffusion関連書籍

Stable Diffusionスタートから応用まで学べる1冊

 

Stable Diffusion LORAの使い方までしっかりカバー

 

ゲーム系画像が作りたい方におすすめ

created by Rinker
秀和システム
¥2,640 (2024/07/11 14:14:03時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

-Stable Diffusion
-