easy negativeアイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 Stable Diffusion

【Stable Diffusion】「EasyNegative」の導入・使い方

 

Stable Diffusionの画像生成、簡単に良い画像作れる方法ないかな

 

「EasyNegative」とはStable Diffusion web UI用のembeddingsで、

これを使うとネガティブプロンプトを使わなくても生成画像のクオリティが上がる。

いちいちネガティブプロンプトを入力する手間が省けます。

 

今回はStable Diffusionのembeddings「EasyNegative」の導入方法と使ってみた結果を解説します。

 

こんな方におすすめ

  • Stable Diffusion初心者
  • 画像生成が上手くいかない人
  • ネガティブプロンプトが難しくて困っている人
  • 生成した画像のクオリティを上げたい人

 

「EasyNegative」とは何か

 

EasyNegativeは、元々生成モデル「Counterfeit」向けに作られた、生成する画像のクオリティをアップするためのembeddings

しかし、Counterfeit以外にも「Anything」や「OrangeMixs」などのモデルでも効果が見られたため、今では人気のembeddingsとして知られています。

 

内容としては、クオリティをアップするためのネガティブプロンプトがすでに埋め込まれています(embedding=埋め込み)

イラスト系のモデルに効果があると言われるembeddingsです。

 

初心者にとって難しいと感じてしまうネガティブプロンプトを入力しなくても、EasyNegativeを使えばクオリティがUPします。

 

最初に導入するembeddingsとしておすすめです

 

「EasyNegative」導入方法

 

Stable Diffusion web UIにEasyNegativeを導入する手順について

 

まずデータをダウンロードします。

ダウンロードは「Hugging Face」から行います。

 

EasyNegativeのページはこちら

gsdf/EasyNegative at main
gsdf/EasyNegative at main

We’re on a journey to advance and democratize artificial intelligence through open source and open s ...

huggingface.co

 

EasyNegativeダウンロード

 

「EasyNegative.safetensors」と書かれた部分をクリックすると詳細ページが開くので「download」と書かれた部分をクリックすると、ダウンロードできます。

 

ダウンロードしたファイルはStable Diffusion web UIをインストールしているフォルダを開き、「embeddings」というフォルダの中に入れます。

 

stable-diffusion-webui_embeddingsファイルの場所

 

導入は以上で完了です。

 

「EasyNegative」使い方

 

Stable Diffusion web UIを立ち上げます。

 

embeddingsは、データをフォルダに入れるだけでは適用されません。

 

embeddingsは省略されたワードがそれぞれにありそれを入力するだけで使用することができます。

embeddingsは1つだけでなく複数使えますし、プロンプトに文章を追加することもできます。

 

やり方は2通りあります

 

直接入力

EasyNegativeの場合、ネガティブプロンプトの項目に

EasyNegative

 

と入力してください。

 

Textual Inversion

Stable Diffusion web UIのアップデートで「花札」のアイコンはなくなりました

 

Textual Inversion

 

ネガティブプロンプトの入力欄の下のタブにある「Textual Inversion」をクリックします。

ここにembeddingsのデータが入っています。

 

まずネガティブプロンプトの入力欄をクリックし、選択されている状態にします。

次に「EasyNegative」をクリックすると、ネガティブプロンプトにEasyNegativeと入力されます。

 

こちらの入力方法が簡単!

 

実際に試してみた

 

今回推奨モデルではありませんが、使えるか試したかったので

  • dreamshaper_8
  • mistoonAnime_v20

で試してみました。

 

model : dreamshaper_8

Sampling method : DPM++ 2M Karras

その他はデフォルト

ポジティブプロンプト

Mirai, 25 years old, female, long hair, hair color hazel brown, happy, frontal face, head shot, tailored jacket, waiting in front of the park gate for a meetup

 

ネガティブプロンプトは未使用(空欄)とEasyNegativeのみ 2パターンを作成しました

 

dreamshaper_8でeasy negativeを試してみた

 

どっちもかわいいんですけど・・・

「EasyNegative」を使った方が全体的にはっきりした画になりました。わかりやすいのが服と髪の毛。

未使用だとのっぺりとした印象が、「EasyNegative」を使うとより実写に近くなったと思います。

 

次にアニメ絵が得意だということで、こちらも推奨ではありませんが「mistoonAnime_v20」を使用してみました。

手の生成も見たいので、上記のプロンプトに「手を頬にあてている」と追記しました。

 

プロンプト

Mirai, 25 years old, female, long hair, hair color is hazel brown, happy,hand on cheek, frontal face, head shot, tailored jacket, waiting in front of the park gate,

 

 

mistoonAnime_v20でeasy negative試してみた

 

アニメになると差がわかりやすいですね。

指に関しては微妙なので、指が見える絵の場合は別途指の奇形を抑えるembeddingsを用意した方がいいかもしれません。

 

関連記事
モデル「mistoonAnime_v20」についてはこちらをご覧ください

mistoon_anime_アイキャッチ
アニメ絵・ちびキャラモデル「Mistoon_Anime」【Stable Diffusion】

    今回はアニメのような絵を生成するために [Mistoon_Anime]というモデルを使うことにしました。   目的や選んだ理由としては   クレジット表 ...

続きを見る

 

まとめ

 

これ1本でネガティブプロンプトの手間が省けるというわけではありませんが、初心者でも簡単に扱えますし、生成の効率、クオリティだけでなく時短にもなるので導入をおすすめします。

 

モデルによっては使わない方が良い場合もあるので、自分で追記するネガティブプロンプトも含めテストを重ねると自分の納得するポイントが見つかると思います。

 

Stable Diffusionは他の生成ツールと比べ複雑に見えますが、奥行きが深いと捉えてください。

簡単にできるツール導入や、対処法などの情報があるので効率よく進めるのが生成効率を上げるポイントだと思います。

 

関連記事

プロンプトの基礎から、目的別プロンプトなどをまとめた記事です。

プロンプトのルール_アイキャッチ
【Stable Diffusion】まず最初に覚えたいプロンプトのルール

  ChatGPTの「DALL・E 3」やAdobeの「FireFly」ですと、日本語での入力も対応しているので、それらの画像生成AIと比べると、難しいと感じてしまいそうなStable Di ...

続きを見る

 

拡張機能を導入すると作業効率がUPします。

Stable Diffusion拡張機能アイキャッチ
【Stable Diffusion】拡張機能の導入方法・おすすめ【Extensions】

    Stable Diffusion拡張機能は、画像生成作業を効率的かつ簡単に行えるようサポートする強力なツールです。 初心者の方は特に、拡張機能を使うことで効率よく画像生成が ...

続きを見る

 

ぼやけた感じや薄い色をもう少し彩度を上げたいなど画質向上には「VAE」というツールを使います。

VAE_アイキャッチ
【Stable Diffusion】VAEとは何か。使い方や便利な設定について

    Stable Diffusionの「VAE(ブイエーイー)」とは、簡単に言うと画質のクオリティを上げるツールで、導入するだけで   ぼやけた画像がクリアになる 彩 ...

続きを見る

 

 

Stable Diffusionガイド

Stable Diffusionカバー

Stable Diffusionを導入から、
プロンプト、モデルなど項目別に初心者にもわかりやすく解説しています。

記事一覧はこちらからチェックしてみてください

詳しくはコチラ

 

Stable Diffusionで大事なグラボ

画像生成において、グラボは妥協せずに用意しましょう。

最低でも「RTX 3060」を用意すると、生成もスムーズに行えます

 

Stable Diffusion関連書籍

Stable Diffusionスタートから応用まで学べる1冊

 

Stable Diffusion LORAの使い方までしっかりカバー

 

ゲーム系画像が作りたい方におすすめ

created by Rinker
秀和システム
¥2,640 (2024/05/21 22:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

-Stable Diffusion
-