behanceアイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 フリーランス

【在宅ワーク】ポートフォリオに使えるAdobe「Behance」活用法

 

Instagramよりもっとシンプルに作品を公開できるツールないかな?

 

デザインの世界は日々進化しており、その中で自分の作品をどのようにして多くの人々に見てもらうかは、多くのクリエイターにとっての大きな課題となっています。

特に、デジタル時代においては、オンライン上での作品の公開・展示が不可欠となってきました。

 

そこで今日は、Adobe 「Behance」に焦点を当て、その魅力や利用方法について詳しく解説します。

 

こんな方におすすめ

  • Behanceを使ったことがないクリエイター
  • ポートフォリオを公開したいデザイナーやイラストレーター
  • 作品を多くの人に見てもらいたいアーティスト

 

Behanceとは何か

Behance

 

BehanceはAdobeが提供するクリエイティブな作品を公開・共有するためのプラットフォームで、世界中のクリエイターが日々その作品をアップロードしています。

このプラットフォームは、専門家や趣味のクリエイター、学生など、様々な背景を持つ人々によって利用されています。

 

独自のデザインやレイアウトにより、自分の作品を最も魅力的に表示することができます。Behanceは世界中で利用されているため、他のクリエイターとの交流やフィードバックを受け取ることで、自身のスキルや視点を磨き上げることができます。

 

また、Adobeの製品とのシームレスな統合が可能で、PhotoshopやIllustratorなどのソフトウェアから直接作品をアップロードすることができます。

 

これらの特徴を活用することで、クリエイターは自身のブランドや作品の価値を高め、より多くのオーディエンスにアプローチすることができます。

 

Behance 世界中のクリエイターとつながる最大級のソーシャルネットワークサービス|Adobe
Behance 世界中のクリエイターとつながる最大級のソーシャルネットワークサービス|Adobe

www.adobe.com

 

Behanceでできること

 

Behanceでできることは以下のようになります。

 

作品の公開

Behanceでは、自身の作品をプロフェッショナルな形で公開できます。

ポートフォリオとしての機能も充実しており、独自のデザインやレイアウトで作品を魅力的に展示することが可能です。

 

フィードバックの受取

他のクリエイターからのフィードバックや評価を受けることができます。

この機能を活用し、作品の質をさらに高めるヒントを得ることができます。

グローバルなネットワークの構築

Behanceは世界中のクリエイターが利用するプラットフォーム。

そのため、国内外のクリエイターと繋がり、共同作業や情報交換の場を持つことができます。

 

被リンク効果

「被リンク」とは、あるウェブサイトから別のウェブサイトへのリンクのことを指し、SEO(検索エンジン最適化)において非常に重要な要素となります。

Behanceに自分のブログやサイトのリンクを貼ると被リンク効果があると言われていますが、Behanceのリンクが「nofollow」属性を持つ場合があるので、直接のSEO効果を期待するのではなく、トラフィックの増加やブランド露出の向上を主な目的として利用すると良いでしょう。

 

Behanceの登録方法

Adobe ID 登録

 

Behanceの登録は無料で、Adobeアカウントをお持ちでなくても

  • Google
  • Facebook
  • Apple

のアカウントで作成できます。

 

プロフィールの設定

 

デフォルトでは登録時の名前が表示されるので、本名が掲載されている方も多いかと思います。

名前の変更はBehance上ではなく、Adobeアカウントのページで行います。

https://account.adobe.com/profile

 

 

Adobe ID プロフィール名変更

 

「プロフィール名を変更」

ニックネームやアーティスト名を使いたい場合は[ 名前(名 )]の欄に入力します。

 

Adobe IDの取得

Behanceを利用するためには、Adobe IDが必要となります。Adobeの公式サイトから簡単に取得することができます。

 

プロフィールの設定

登録後、まずはプロフィールの設定を行いましょう。名前や職業、プロフィール写真などの基本情報を入力します。

また、自己紹介文を記載することで、訪問者に自分を知ってもらうことができます。

 

作品のアップロード

最後に、作品をアップロードしましょう。タイトルや説明文、タグを設定することで、検索されやすくなります。

 

高品質の画像や動画をアップロードすることで、より多くの人々に自分の作品を知ってもらうことができます。

 

まとめ

 

Behanceは、作品を知ってもらうためのツールでもありますが、ポートフォリオとしてリンクを貼るのもいいですし、スキルアップやデザインのアイデア収集にも使えるので、デザインをする上で非常に役立つサイトです。

 

Instagramのようなあらゆるジャンルのカバーに紛れることなく、デザインに特化して見れるのでストレスもなく集中できます。

 

自身の作品の公開に使うのももちろんですが、情報収集のためにチェックするのもおすすめです。

関連記事

-フリーランス
-,