VeryBadImageNegativeアイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 Stable Diffusion

【埋め込み機能】VeryBadImageNegativeについて【StableDiffusion】

 

StableDiffusionのネガティブプロンプトの入力で、簡単に画像クオリティを上げられる

embeddings(埋め込み)のひとつ「VeryBadImageNegative」について

 

モデルで推奨されるembeddingsでもありますが、今回いくつかのモデルを使って比較してみました。

 

初心者の方はプロンプト作成も難しいと思うので、簡単に画を見てどのような効果があるのかチェックしてみてください。

 

VeryBadImageNegativeとは何か

 

ネガティブプロンプト専用のembeddingsで、EasyNegativeと同じく品質向上のためのものです。

 

embeddingsとは「埋め込み」という意味

プロンプトを打ち込まなくても、このembeddingsを呼び出すだけで、モデルに対し追加学習結果を適応させることができます。

簡単に言うと、長文のプロンプトが1つの単語を入れるだけで済みます。

 

ネガティブプロンプトの作成に慣れない方は、embeddingsを使うと簡単にクオリティの高い画像が生成できます

 

embeddingsについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

EMBEDDINGSについて_アイキャッチ
【StableDiffusion】Embedding導入方法・おすすめについて

    今回はStableDiffusionでの画像生成クオリティをアップ、また作業効率化を図れる「Embedding」について説明します。   モデルをダウンロードする ...

続きを見る

 

VeryBadImageNegativeダウンロード

 

veryBadImageNegativeはcivitaiからダウンロードできます。

 

veryBadImageNegative - veryBadImageNegative_v1.3 | Stable Diffusion Embedding | Civitai
veryBadImageNegative - veryBadImageNegative_v1.3 | Stable Diffusion Embedding | Civitai

v1.3 veryBadImageNegative_v1.3使用了新的训练图集,在AOM3和 viewer-mix_v1.7 中使用时表现较好。 veryBadImageNegative_v1.3 u ...

civitai.com

 

VeryBadImageNegativeはバージョンがあるので注意してください。

 

使いたいモデルで推奨されている場合はその推奨バージョンをダウンロードしましょう

 

ダウンロードオプション、もしくはファイルの項目を開くとダウンロードできます。

 

veryBadImageNegative_DL

 

ダウンロードしたembeddingsのファイルを入れる場所は

[stable-diffusion-webui]ファイル内にある[embeddings]ファイルです

 

stable-diffusion-webui_embeddingsファイルの場所

 

VeryBadImageNegative使い方

 

所定のフォルダに入れたら、「Textual Inversion」のタブをクリック。

ネガティブプロンプトのの入力欄を選択している状態で、「Verybadimagenegative_v1.3」をクリックします。

 

embetingの使い方

 

すると、ネガティブプロンプトに「Verybadimagenegative_v1.3」が挿入されます。

 

もし、「Verybadimagenegative_v1.3」が見当たらない場合は、リロードするか、Stable Diffusionを再起動してみてください。

 

VeryBadImageNegative比較画像

 

今回「VeryBadImageNegative」の使用と比較のために「EasyNegative」を使用してみました。

 

プロンプトは共通のものを使用し、モデルごとでSEED値を固定。

同じプロンプト、画像でモデル毎に比較してみます。

 

【プロンプト】

masterpiece, best quality, detailed, (medium hair:1.3), short bang, brown hair, floating hair, beautiful detailed girl, extremely detailed eyes and face, beautiful detailed nose, beautiful detailed eyes, long eyelashes, light on face, looking at viewer, 1girl, cute, young, mature face, {costume : collared shirt}, aqua eyes ,head shot

 

【ネガティブプロンプト】

low quality, worst quality, out of focus, ugly, error, jpeg artifacts, lowers, blurry, bokeh,

 

ネガティブプロンプトの部分に「VeryBadImageNegative」を埋め込みますが、

embeddingsのみでは画像の崩れが見られます。

 

今回はベースとしてネガティブプロンプトをこのようにして、最後にそれぞれのembeddingsを埋め込みます。

(例)

low quality, worst quality, out of focus, ugly, error, jpeg artifacts, lowers, blurry, bokeh,verybadimagenegative_v1.3

 

Sampling methodは[DPM++ 2M Karras]にしました。

 

mistoonAnime_v20

アニメ画のモデルで、比較的色がパキッとした印象のmistoonAnime_v20を使用します。

VAEはすでに入っているので使いません。

 

verybadimagenegative比較_mistoonanime

 

「なし」よりはembeddingsを使った方が、細かい部分も生成されている印象。

 

私はmistoonAnime_v20を使う際、「VeryBadImageNegative」を使っています。

 

モデルについてはこちらで紹介しています。

mistoon_anime_アイキャッチ
アニメ絵・ちびキャラモデル「Mistoon_Anime」【Stable Diffusion】

    今回はアニメのような絵を生成するために [Mistoon_Anime]というモデルを使うことにしました。   目的や選んだ理由としては   クレジット表 ...

続きを見る

 

lametta_v2012

かわいいちびキャラのイラストが生成できる「lametta_v2012」

モデルの概要には「Verybadimagenegative_v1.3」が記載されています(推奨ではない)

 

verybadimagenegative_lametta_v2012

 

「ちっこくてかわいい感じ」となると、「Verybadimagenegative_v1.3」の方が子供っぽく見えますね。

 

counterfeitV30

淡いタッチのイラストが作れる「counterfeitV30」

モデル推奨embeddingsはEasyNegative」で、実はCounterfeit向けに作られたものなのです。

他のモデルでも使用OKです。

 

今回は比較ということで見てください。

verybadimagenegative比較_conterfe

 

「VeryBadImageNegative」の方がハッキリしたラインに見えますが、モデルの良さで考えると推奨される「EasyNegative」の方が水彩感が出ています。

ちょっと淡すぎて物足りないときには、「VeryBadImageNegative」を使ってもいいかもしれません。

 

モデルについてはこちらで紹介しています。

Counterfeit-V3.0_アイキャッチ
モデル「Counterfeit-V3.0」導入方法【Stable Diffusion】

  Stable Diffusionのイラスト、アニメ系モデルとして人気なのが「Counterfeit」   美少女系はもちろん、大人や風景などオールラウンドで、綺麗なタッチのアニ ...

続きを見る

 

Dreamshaper V8

最後にリアル画で使ってみました。

モデルは「Dreamshaper V8」を使用していますが、こちらの推奨は「BadDream + UnrealisticDream 」となっています。

 

verybadimagenegative_dreamshaper

 

リアル画に「VeryBadImageNegative」を使ったのは初めてなのですが、キリっとした印象です。

この場合は推奨されるembeddingsを使った方が良さそう。

 

まとめ

「VeryBadImageNegative」は主にイラストで生成する際使用しますが、印象としては、キリっとした強いタッチを感じます。

イラストやアニメの時は好みも関係しますし、テイストも変わりますので、臨機応変に使おうと考えています。

 

比較という意味でも、よく使われる「EasyNegative」は入れておいて損はないと感じました。

easy negativeアイキャッチ
【Stable Diffusion】「EasyNegative」の導入・使い方

    「EasyNegative」とはStable Diffusion web UI用のembeddingsで、 これを使うとネガティブプロンプトを使わなくても生成画像のクオリテ ...

続きを見る

 

 

Stable Diffusionガイド

Stable Diffusionカバー

Stable Diffusionを導入から、
プロンプト、モデルなど項目別に初心者にもわかりやすく解説しています。

記事一覧はこちらからチェックしてみてください

詳しくはコチラ

 

Stable Diffusionで大事なグラボ

画像生成において、グラボは妥協せずに用意しましょう。

最低でも「RTX 3060」を用意すると、生成もスムーズに行えます

 

Stable Diffusion関連書籍

Stable Diffusionスタートから応用まで学べる1冊

 

Stable Diffusion LORAの使い方までしっかりカバー

 

ゲーム系画像が作りたい方におすすめ

created by Rinker
秀和システム
¥2,640 (2024/05/21 22:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

-Stable Diffusion
-