EMBEDDINGSについて_アイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 Stable Diffusion

【StableDiffusion】Embedding導入方法・おすすめについて

 

StableDiffusionを便利に使うためのツールってあるの?

 

今回はStableDiffusionでの画像生成クオリティをアップ、また作業効率化を図れる「Embedding」について説明します。

 

モデルをダウンロードするのと同じように、Embeddingもいくつかの種類があり、自身で導入する必要があります。

 

初心者にとって難しいネガティブプロンプトもEmbeddingを使えば簡単に挿入できますので、悩んだりする前に早めに導入したいツールです。

 

Embeddingについては随時更新していきます

 

こんな方におすすめ

  • StableDiffusion初心者
  • 「Embedding」を知らない方
  • 効率よい画像生成を行いたい方
  • ネガティブプロンプトの作成が苦手な方

embeddingsとは

mistoonAnime_v20でeasy negative試してみた

 

上記の画像は「embeddings」を未使用/使用の違いを表しています。

よく見ると陰影や、歪み(背景がわかりやすい)など違いがでています。

 

embeddingとは「埋め込み」という意味

 

StableDiffusionの「embeddings」とはモデルに対して追加学習結果を適応させる機能

プロンプトをまとめたファイルで、これを使うと長文のプロンプトを直接入力する手間が省けます。

 

主にネガティブプロンプトをまとめたものが多く、

「embeddings」を使用することで画像が良くなったり、特徴を出すことができます。

 

容量も軽く使いやすいと言われています。

 

embeddingsの注意点

 

「embeddings」はデータをダウンロードし、指定のファイルに入れる必要があります。

 

モデルによっては、「embeddings」の利用を推奨していますので、モデルの詳細ページで確認するようにします。

指定のものをダウンロードしましょう。

 

必ず使わなくてはいけないというものではなく、好みによっては使わなくてもいいですし、モデルによっては「embeddings」の相性もあるので1つだけでなく、いくつか比較してみた方がいいでしょう。

 

また、モデルと同じくバージョンもありますので、推奨されるものがある場合はバージョンも間違えないようにしましょう。

 

embeddingsのダウンロード

 

embeddingsはcivitaiHugging Faceからダウンロードできます。

 

Civitaiの場合、フィルターで「Textual Inversion」を指定すると、embeddingsファイルだけを検索することができます。

 

huggingfaceの場合、モデルによっては作者の作ったEmbeddingがあります。

 

embeddingsを入れるファイル

 

embeddingsのファイルを入れる場所は

[stable-diffusion-webui]ファイル内にある[embeddings]ファイルです

 

stable-diffusion-webui_embeddingsファイルの場所

 

定番のembeddings

 

モデルと同じくembeddingsも沢山の種類がありますので、どれを使えばよいのか初心者は迷ってしまいます。

 

定番と言われるembeddingsは

  • EasyNegative(アニメ系に効果あり)
  • veryBadImageNegative
  • Ulzzang-6500(韓国人女性風生成に特化)

 

 

EasyNegative

クオリティをアップするためのネガティブプロンプトがすでに埋め込まれています

イラスト系のモデルに効果があると言われるembeddingsです。

 

【Stable Diffusion】「EasyNegative」の導入・使い方

easy negativeアイキャッチ
【Stable Diffusion】「EasyNegative」の導入・使い方

    「EasyNegative」とはStable Diffusion web UI用のembeddingsで、 これを使うとネガティブプロンプトを使わなくても生成画像のクオリテ ...

続きを見る

 

VeryBadImageNegative

「EasyNegative」と似たようなもので、こちらもネガティブプロンプトがすでに埋め込まれています。

特にモデルにembeddingsの指定が無い場合は、「EasyNegative」と比較して使うのもありです。

 

「VeryBadImageNegative」の導入・使い方

VeryBadImageNegativeアイキャッチ
【埋め込み機能】VeryBadImageNegativeについて【StableDiffusion】

  StableDiffusionのネガティブプロンプトの入力で、簡単に画像クオリティを上げられる embeddings(埋め込み)のひとつ「VeryBadImageNegative」につい ...

続きを見る

 

手や指の奇形を抑えるembeddings

 

手の奇形を抑えるためのembeddingsです。

  • badhandv4
  • negative_hand Negative Embedding

 

bad-hands-5

よく使われるembeddingsです。

使用、未使用の比較画像を使って説明しています。

 

bad-hands-5アイキャッチ
「bad-hands-5」で生成の手や指の崩れを抑える【Stable Diffusion】

    画像生成AIの苦手な部分に手や指の生成があります。 通常のプロンプト指示だけでは生成の成功率が低いため、Stable Diffusionでは「指や手の指示」に特化した機能が ...

続きを見る

 

身体の奇形を抑えるembeddings

 

画像生成で難しい身体に関するembeddingsです。

 

足や指の奇形を抑えるembedding

  • Negfeet : improve feet quality (The Third post)

 

人間の解剖学的構造の欠陥を防ぐ

  • Deep Negative V1.x

 

まとめ

 

embeddingsを使うとプロンプトに慣れていない方でも簡単に挿入できます。作業時間効率を考えてもぜひ使いたいツールです。

 

embeddingsは複数利用することもできますし、全て使えばクオリティや生成確率が完璧になるものではありません。

モデルに合わせて組み合わせやembeddingsと通常のプロンプト入力を組み合わせたり、色々試してみるとよいでしょう

 

関連記事

プロンプトの基礎から、目的別プロンプトなどをまとめた記事です。

プロンプトのルール_アイキャッチ
【Stable Diffusion】まず最初に覚えたいプロンプトのルール

  ChatGPTの「DALL・E 3」やAdobeの「FireFly」ですと、日本語での入力も対応しているので、それらの画像生成AIと比べると、難しいと感じてしまいそうなStable Di ...

続きを見る

 

拡張機能を導入すると作業効率がUPします。

Stable Diffusion拡張機能アイキャッチ
【Stable Diffusion】拡張機能の導入方法・おすすめ【Extensions】

    Stable Diffusion拡張機能は、画像生成作業を効率的かつ簡単に行えるようサポートする強力なツールです。 初心者の方は特に、拡張機能を使うことで効率よく画像生成が ...

続きを見る

 

ぼやけた感じや薄い色をもう少し彩度を上げたいなど画質向上には「VAE」というツールを使います。

VAE_アイキャッチ
【Stable Diffusion】VAEとは何か。使い方や便利な設定について

    Stable Diffusionの「VAE(ブイエーイー)」とは、簡単に言うと画質のクオリティを上げるツールで、導入するだけで   ぼやけた画像がクリアになる 彩 ...

続きを見る

 

 

Stable Diffusionガイド

Stable Diffusionカバー

Stable Diffusionを導入から、
プロンプト、モデルなど項目別に初心者にもわかりやすく解説しています。

記事一覧はこちらからチェックしてみてください

詳しくはコチラ

 

Stable Diffusionで大事なグラボ

画像生成において、グラボは妥協せずに用意しましょう。

最低でも「RTX 3060」を用意すると、生成もスムーズに行えます

 

Stable Diffusion関連書籍

Stable Diffusionスタートから応用まで学べる1冊

 

Stable Diffusion LORAの使い方までしっかりカバー

 

ゲーム系画像が作りたい方におすすめ

created by Rinker
秀和システム
¥2,640 (2024/05/21 22:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

-Stable Diffusion
-