GPT公開手順アイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 ChatGPT

【ChatGPT】作成したGPTを公開する手順について

 

自作のGPTを一般公開するには、どうすればいいの?

 

今回はChatGPTで作成したGPTを一般的に公開する方法について説明します。

収益化に関するアナウンスはまだされていませんが、すでに沢山のGPTが公開されています。

 

注意点としては名前が表示されるので、その対策が必要になります。

 

GPTsとは何か

GPTs一覧

 

GPTsは、2023年11月にOpenAIが発表したサービスで、ChatGPTをノーコードでカスタマイズできるサービス。

 

いつものようにChatGPTに使う指示(プロンプト)をあらかじめ設定しておき、目的ごとに特化したGPTを自分好みで作成できます。

 

開発したツールを他人に共有することもでき、社内業務の効率化にも役立ちますし、

「GPT Store」で購入、販売もできるようになり収益化もできる予定です。

 

ChatGPT PlusまたはChatGPT Enterpriseの有料プランユーザーが利用できます

 

作りかたはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

GPTs作り方アイキャッチ
【スキルなしOK】ChatGPTの「GPTs」を作る手順

    ChatGPTをさらに快適に、自身でカスタマイズして作れるのが「GPTs(ジーピーティーズ)」 実は特別なスキルはなくても簡単に作れます!   ChatGPTの質 ...

続きを見る

 

作成したGPTを公開する前に

 

作成したGPTを公開する前に注意したい点について

GPTの公開方法は3つ

  • 私だけ(Only me) : 自分だけが使える
  • リンクを持つ人のみ(Only people with a link) : リンクを知っている人のみ使える
  • 公開(Public):すべての人が使える

 

「リンクを知っている人のみ」「公開」を選ぶ場合、作者の名前も公開されてしまいます。

 

この名前とは登録時の名前になります。

これを変更するには2通りあります。

 

名前で公開する

名前の変更はChatGPT上の設定からはできません。

OpenAIのサイトから変更できます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

登録した名前やメールアドレスは変更できるの?アイキャッチ
ChatGPTに登録した名前やメールアドレスは変更できるの?

    ChatGPTに登録した名前は、GPTを公開する場合表示されることがあります。 (ドメイン表示も可能です)   何らかの理由で変更したい場合、どうすればいいのか。 ...

続きを見る

 

サイト名で公開する

「公開」で名前を出したくない人は、サイト名で公開することができます。

 

ブログを運営されてる方は、ブログかサブドメインを作成して登録できます。

AIツールを使った記事作成やコンテンツポートフォリオなど、サイトを持っていても使い道に損はないです。

エックスサーバーの特徴

  • 初期費用0円。
  • 安定的なサーバー速度を提供する「リソース保証機能」を導入
  • マルチドメイン、メールアドレス無制限!独自SSLを無料で利用可能
  • 利用者も多く情報量が豊富
  • サービスが充実、設定画面がわかりやすい
  • 初心者でも安心の24時間365日メールサポート
  • 専任スタッフが対応する電話サポートがある

\永久無料ドメインも2コついてくる/

 

まず設定で「ビルダープロフィール」の項目を開きます。

ビルダープロフィール設定

 

ウェブサイトの「ドメインを選択」をクリックすると「新しいドメインを確認する(Varify new domain)」と表示されます。

 

ここに表示させるドメインを入力します。(httpやhttpsは省きます

ビルダープロフィールドメイン入力

 

送信をクリックします。

 

次に「ドメインを管理する」という画面が表示されます。

ビルダープロフィール設定ドメイン管理

 

DNSプロバイダーに移動してTXTレコードを追加します。

 

DNSプロバイダーとは、ドメインネームシステム(DNS)レコードを使って、ドメインを電子メールやウェブページ、その他のウェブサービスに接続する役割です

 

登録したドメインのサービスには「ドメインのDNS設定」が行えますので、契約したサービスで確認してください。

 

以下、エックスドメインで説明します。

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

 

設定対象ドメインを該当するドメインで選択し、メニューの「ドメイン」内にある「DNSレコード設定」を開きます。

Xserver サーバーパネル-ドメイン

 

「DNSレコード追加」タブをクリックします。

XserverDNSレコード設定

 

以下のように入力していきます。

ホスト名 サブドメインの場合は、入力が必要
種別 TXT
内容 GPTsで取得したTXTレコードを貼り付ける
TTL 変更なし
優先度 変更なし

 

入力が済んだら、確認画面に進み、OKならば「追加する」をクリックします。

 

TXTレコードは設定してから時間がかかります(30分~1時間)

 

ChatGPTに戻り、「確認」をクリックします。

エラーが出る場合はもう少し待つか、リロードしてみてください。

 

「正常に確認されました(verified)」と表示されたら、「完了(Done)」をクリックします。

 

ビルダープロフィールのウェブサイトに先ほど登録したドメインが表示されます。

ビルダープロフィール設定ドメイン登録完了

 

表示させるドメインを選択してONにしておきます。

これで名前の部分にウェブサイトが表示されます。

 

GPTを公開する

 

GPT Builderで作成したGPTを公開する方法について。

 

作成したGPTの編集画面に入ります。

画面右上の保存ボタンをクリックすると公開設定が表示されます。

 

MyGPTs公開設定

 

公開先で「公開」を選択します。

 

下には表示される内容(アイコン・タイトル・名前)が確認できます。

鉛筆アイコンをクリックすると名前表示を設定できます。(ビルダープロフィールの設定画面が表示されます)

 

「公開」が選択できない場合

名前の表示設定ができていないと「公開」が選択できません。

通常のChatGPT設定画面(画面左下のユーザー名をクリックすると設定メニューがあります)からビルダープロフィールの設定を行ってから、公開の手続きをおこなってください

 

次に「カテゴリー」の選択をします。

GPTに合うカテゴリーを選択しましょう。

 

画像生成の場合は「DALL E 3」があります。

 

最後に「確認」をクリックすると、GPTが公開されます。

 

まとめ

 

私が公開したGPTのひとつがこちらです。

ChatGPT - Isometric Art Creator
ChatGPT - Isometric Art Creator

Creates isometric pixel art room images.ミニチュアサイズのお部屋を作ろう

chat.openai.com

 

ちなみに、ドメイン登録はサブドメインにしました。

AIを使ったクリエイター活動

ブログではなく、別途サイトでシンプルにプロンプトやGPTなど自分の作ったものを公開するサイト作りました。

aicalor official site
aicalor official site

aicalor.lucirc.com

正直GPTの登録のために作ったサイトですが、今後展開していきます!

 

GPTに表示されるドメインは、メインとなるドメインなのですがクリックすると、サブドメインのサイトが開きます。

 

GPTの作成も、公開の手続きも簡単でした。

2024年1月末現在、収益化の話は出てきていませんが、今後また進展がありましたら更新していきます。

 

ChatGPTおすすめ書籍

 

基本的な使い方や仕事での活用例で学べる1冊

created by Rinker
¥1,540 (2024/02/19 18:04:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

AI初心者はこの本から!

ChatGPTはもちろん使えるツール100選やプロンプトなど盛りだくさんで知ることができる1冊

 

AIを用いて個人が稼ぐ方法。ブログ初心者にも有益

関連記事

-ChatGPT
-