web

noteにSpotifyなど音楽ストリーミングサービスを埋め込む

投稿日:2019-12-18 更新日:

note logo

 

note(ノート)では音楽の作品配信も手軽に行い、販売も出来るサイトですが、

note独自の音楽プレイヤーだけでなく、音楽ストリーミングサービスが埋め込み可能となりました。

 

note独自の音源の公開、販売も行えますが、ストリーミングサービスに登録している方は、

そちらでの再生数、販売に繋げるのにこのコード貼り付け対応はさらに使いやすさが増すと思います。

 

今回は、noteでの音楽ストリーミングサービスが埋め込みのやり方、

曲のURLの調べ方などまとめました。

 

noteで音楽レビューにも使えるツール

 

2019年3月よりnoteにて3つの音楽ストリーミングサービスが埋め込み可能となりました。

【noteカイゼン】 Apple MusicとSpotifyが埋め込めるようになりました|note公式|note
【noteカイゼン】 Apple MusicとSpotifyが埋め込めるようになりました|note公式|note

続きを見る

 

noteで対応している音楽ストリーミングサービスは、以下の3つ。(2019年12月現在)

  • Soundcloud
  • Spotify
  • Apple Music

 

他の音楽ストリーミングサービスについても、サービス側で対応次第追加していく予定とのこと。

シングル、アルバムだけでなくプレイリストも表示可能。

 

注意点は

PC・スマートフォンのブラウザのみ対応

 

自分の楽曲をnoteに公開するだけでなく、他のアーティストの曲を表示させることも可能。

つまり自分のスキな曲。音楽レビューにも使えるツールとなるのです。

 

「自分の曲を音楽ストリーミングサービスしたい!」

Soundcloudの初歩、登録から楽曲のアップロードまで詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてお読みください。

 

soundcloudの使い方

登録から音源アップロード、ジャケット設定などまとめました。

 関連記事 >>>ミュージシャンのための「Soundcloudの使い方」まとめ

ミュージシャンのための「Soundcloudの使い方」まとめ

続きを見る

 

noteに貼り付ける

実際にnoteに載せてみることにしました。

 

noteにログインし「投稿」をクリックします。

音源を公開しますが選ぶのはテキストです。

note種類

 

テキストの作成画面に切り替わります。

記事タイトル下に本文を入力するためにクリックすると

「+」が表示されるのでクリックします。

noteメニュー表示

 

 

ここで画像などの挿入が出来るのですが、今回はプレイヤーを埋め込みたいので

「<>」を選びます。

note挿入一覧

 

 

URLの入力欄が表示されるので、ここに表示させたいプレイヤーのURLをコピペして貼り付け

「enter」を押します。

note URL入力

 

プレイヤーが表示されます。

note soundcloud paste

 

プレイヤーのURLは

「noteに貼り付けるためのプレイヤーのURLはどこでわかるの?」

Soundcloud,Spotify,Apple musicそれぞれのURLリンクの調べ方について。

 

Soundcloud

Soundcloudの曲にはそれぞれシェアボタンがあります。

soundcloud share

 

シェアボタンをクリックすると詳細画面になります。

soundcloud ShareURL

 

SNSのシェアボタンの下に表示されているのが、楽曲のURLになるのでこれをコピーして、noteに貼り付けます。

 

Spotify

Spotifyの楽曲を選びます。

 

spotify linkcode

「・・・」をクリックします。

項目の中から「アルバムリンクのコピー」をクリックし、noteに貼り付けます。

 

Apple Music

楽曲を選び、以下の画像にある青枠の中のアイコンをクリックします。

Apple music linkcode

 

するとTwitterやリンクなどのアイコンが表示されるので

「🔗(リンク)」をクリックします。

 

noteの挿入と似たマークですが、このapple musicで表示される「</>」は埋め込みコードなので使いません。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
るしる(Lucir)

るしる(Lucir)

元バンドマンが10年のブランクを経て音楽活動をネットで再開し、DTMで楽曲制作したり、音楽ブログ運営してます。

-web
-,

© 2020 るしるし