bad-hands-5アイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 Stable Diffusion

「bad-hands-5」で生成の手や指の崩れを抑える【Stable Diffusion】

 

Stable Diffusionで生成したときの手や指を綺麗に作りたい

 

画像生成AIの苦手な部分に手や指の生成があります。

通常のプロンプト指示だけでは生成の成功率が低いため、Stable Diffusionでは「指や手の指示」に特化した機能があります。

 

いくつか数はあるのですが、その中でもよく使われる「bad-hands-5」について

今回は導入の仕方から、使ってみた参考画像を使って使用感を説明します。

 

こんな方におすすめ

  • Stable Diffusion初心者
  • 手を綺麗に生成したい
  • Embeddingを使って効率を上げたい

 

 

bad-hands-5とは何か

 

「bad-hands-5」とはStable DiffusionのEmbeddingのひとつです。

指や手の生成に関するネガティブプロンプトになります。

 

Embeddingについて詳しく知りたい方はこちらを先にご覧ください

関連記事

EMBEDDINGSについて_アイキャッチ
【StableDiffusion】Embedding導入方法・おすすめについて

    今回はStableDiffusionでの画像生成クオリティをアップ、また作業効率化を図れる「Embedding」について説明します。   モデルをダウンロードする ...

続きを見る

 

手を綺麗に生成するEmbeddingはいくつかありますが、「bad-hands-5」はEmbedding必須ツールとして多く利用されています。

 

bad-hands-5の導入方法

 

「bad-hands-5」はHugging Faceとからダウンロードすることができます。

yesyeahvh/bad-hands-5 at main
yesyeahvh/bad-hands-5 at main

We’re on a journey to advance and democratize artificial intelligence through open source and open s ...

huggingface.co

 

 

bad-hands-5

 

bad-hands-5.pt」というファイルがあるので、その行にある「↓」をクリックするとダウンロードができます。

 

ダウンロードしたファイルはStable Diffusionをインストールしたフォルダ内「embeddings」のフォルダに入れます。

\stable-diffusion-webui\models\embeddings

 

bad-hands-5の使い方

 

Stable Diffusion web UIを立ち上げます。

embeddingsは省略されたワードがそれぞれにありそれを入力するだけで使用することができます。

 

「bad-hands-5」はネガティブプロンプトの入力欄に挿入することになります。

 

Monosnap Stable Diffusion パラメーター全体画面

 

プロンプト入力欄の下にあるタブから「Textual Inversion」を開きます。

 

Stable Diffusion web UIのアップデートで「花札」のアイコンはなくなりました

 

Textual Inversion_2

 

ダウンロードしたembeddingsはここで確認ができます。

 

ネガティブプロンプトの入力欄を選択した状態で「bad-hands-5」をクリックします。

すると、ネガティブプロンプトの欄に「bad-hands-5」という文字が挿入されます。

 

これで適応されるので、プロンプト、ネガティブプロンプトを入力して生成します。

 

Textual Inversionを開かなくても直接「bad-hands-5」を入力しても使えます。

 

bad-hands-5を使ってみた

 

bad-hands-5」の使用比較画像を作成しました。

モデルは「dreamshaper_8」を使用しています。

 

プロンプトは以下の通り

masterpiece, best quality, detailed,woman,holding a peace sign in front of her face

 

ネガティブプロンプトはケースごとに変更します。

 

bad-hands-5」を使わない

「bad-hands-5」未使用

 

ネガティブプロンプト

worst quality,bokeh,ugly,error,lowres,face covered,making it difficult to see her expression

 

bad-hands-5」も使わず、プロンプトで指に関する指示は入れない状態で生成した結果です。

 

これよりも酷い状態のものが生成されるので、若干ホラーです。

真ん中の写真は上手くいっているようで、親指の長さなどがよくありません。

 

bad-hands-5」を使う

「bad hands」追記あり

 

bad-hands-5」だけでは、成果を得られなかったので「bad hands」という文章も追記して生成してみました。

 

ネガティブプロンプト

bad-hands-5,bad hands,,worst quality,bokeh,ugly,error,lowres,face covered,making it difficult to see her expression

 

指の本数に関しては未使用より確率は良くなりましたが、爪の位置など「bad-hands-5」だけでは効率が悪い印象。

ここまで目立たない位置の手でしたら、「bad-hands-5」だけでもだいぶ改善はできるかもしれません。

 

bad-hands-5」と他のembeddingsを使う

「bad hands」と「easyNegative」

 

次に「bad-hands-5」だけでなく、「EasyNegative」というクオリティをアップするためのembeddingsも使ってみました。

 

ネガティブプロンプト

EasyNegative,bad-hands-5,worst quality,bokeh,ugly,error,lowres,face covered,making it difficult to see her expression

 

今までの中では生成の確率が良くなりました。

 

「EasyNegative」の導入方法は「bad-hands-5」と同じ要領で行えます。

詳しくはこちらをご覧ください。

easy negativeアイキャッチ
【Stable Diffusion】「EasyNegative」の導入・使い方

    「EasyNegative」とはStable Diffusion web UI用のembeddingsで、 これを使うとネガティブプロンプトを使わなくても生成画像のクオリテ ...

続きを見る

 

まとめ

 

bad-hands-5」を導入してから確率は良くなりましたが、何度か生成回数は必要でした。

手や指の生成は他のembeddingsや、プロンプトの作りもしっかり考えることが必要です。

 

またモデルによっても違いが出るかもしれませんので、色々試して最適なやり方を探していきましょう。

 

関連記事

ネガティブプロンプトの単語をまとめた記事。手や指に使う単語はこちらでチェックしてください

ネガティブプロンプトアイキャッチ
【Stable Diffusion】ネガティブプロンプト辞典

    Stable Diffusionのネガティブプロンプトを作る際に使う単語を確認できるようまとめました。 人物画を生成する場合はもちろん、テキストや画面の分割に関するワードも ...

続きを見る

 

拡張機能を導入すると作業効率がUPします。

Stable Diffusion拡張機能アイキャッチ
【Stable Diffusion】拡張機能の導入方法・おすすめ【Extensions】

    Stable Diffusion拡張機能は、画像生成作業を効率的かつ簡単に行えるようサポートする強力なツールです。 初心者の方は特に、拡張機能を使うことで効率よく画像生成が ...

続きを見る

 

ぼやけた感じや薄い色をもう少し彩度を上げたいなど画質向上には「VAE」というツールを使います。

VAE_アイキャッチ
【Stable Diffusion】VAEとは何か。使い方や便利な設定について

    Stable Diffusionの「VAE(ブイエーイー)」とは、簡単に言うと画質のクオリティを上げるツールで、導入するだけで   ぼやけた画像がクリアになる 彩 ...

続きを見る

 

 

Stable Diffusionガイド

Stable Diffusionカバー

Stable Diffusionを導入から、
プロンプト、モデルなど項目別に初心者にもわかりやすく解説しています。

記事一覧はこちらからチェックしてみてください

詳しくはコチラ

 

Stable Diffusionで大事なグラボ

画像生成において、グラボは妥協せずに用意しましょう。

最低でも「RTX 3060」を用意すると、生成もスムーズに行えます

 

Stable Diffusion関連書籍

Stable Diffusionスタートから応用まで学べる1冊

 

Stable Diffusion LORAの使い方までしっかりカバー

 

ゲーム系画像が作りたい方におすすめ

created by Rinker
秀和システム
¥2,640 (2024/04/11 19:14:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

-Stable Diffusion
-