Dreamshaperアイキャッチ

※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 Stable Diffusion

「Dreamshaper」人物・風景を生成できるモデル【Stable Diffusion】

 

DreamShaperとは、Stable Diffusionのモデルの一種。

 

リアルなものイラストなどテイストをを問わず、人や背景も生成できるオールラウンド対応なモデルで、

クレジット表記の必要なし、商用利用も可能というとこからも人気のモデルです。

(※ライセンスについては変更もありえるので必ず最新情報を確認してください)

 

dreamshaperにはバージョンがあり、

2023年10月現在[Dreamshaper V8]まで公開されています。

 

私が使おうと決めた理由は、背景目的です。

しかし人物もしっかり作れるので、プロンプトや機能などを試すオールラウンドモデルとして使用頻度が高くなりました。

 

こんな方におすすめ

  • Stable Diffusion のモデル選びに迷っている人
  • 背景画を生成したい人
  • オールラウンドで使えるモデルを1つ用意したい人

 

dreamshaper v8ライセンス情報

 

Dreamshaper V8のライセンスは[creativeml-openrail-m]となっています

 

[creativeml-openrail-m]のライセンスについて

License - a Hugging Face Space by CompVis
License - a Hugging Face Space by CompVis

Discover amazing ML apps made by the community

huggingface.co

 

Dreamshaper V8のライセンス情報

  This model permits users to このモデルの利用でユーザーができること
Use the model without
crediting the creator
モデルを使用時のクリエイターのクレジット
Sell images they generate 生成した画像を販売
Run on services that generate
images for money
お金を払って画像を生成するサービスを運営
Share merges using this model モデルを使ったマージ画像を共有
Sell this model or merges using this model モデルまたはモデルを使ったマージファイルの販売
Have different permissions
when sharing merges
マージ画像を共有する際に異なる権限を持つ

 

※ライセンス情報は2023年10月時点のものです。ダウンロード時に確認してください

 

クレジット表記の必要は無し、商用利用も可能です。

 

ライセンスについて詳しく知りたい方はこちらをチェック

Stable Diffusion_ライセンス‗アイキャッチ
【Stable Diffusion】商用利用・ライセンスの確認方法

    Stable Diffusionでは、モデルそれぞれにライセンスがあります。 なのでモデルを使用する前に必ず確認しましょう。 画像生成AIをビジネスに活用したいと考える場合 ...

続きを見る

 

dreamshaper v8ダウンロード

 

[Dreamshaper V8]のダウンロードはcivitaiからできます。

 

DreamShaper - 8 | Stable Diffusion Checkpoint | Civitai
DreamShaper - 8 | Stable Diffusion Checkpoint | Civitai

DreamShaper - V∞! Please check out my other base models , including SDXL ones! Check the version des ...

civitai.com

 

画面右にあるボタンからダウンロードします。

 

DreamShaper - 7 _ DL

 

 

Stable DiffusionのモデルをダウンロードするとZipファイルではなく、モデルのデータファイルだけとなるので、

ダウンロードしたらStable Diffusionをインストールしたフォルダ内

以下のフォルダに入れます。

 

\stable-diffusion-webui\models\Stable-diffusion

 

dreamshaper v8のEmbedding

dreamshaper_embedding比較

 

[Dreamshaper V8]の概要欄でEmbeddingについて「BadDream」が紹介されています。

上記の画像はEmbeddingの「EasyNegative」と比べたものです。

 

やはり推奨されるEmbeddingを使った方がキメが細かい、綺麗な印象があります。

 

「BadDream」はDreamshaperに適したネガティブプロンプトです。

 

ダウンロードサイトを開くと、「BadDream + UnrealisticDream 」という名前になっていますが、1つにはなっておらず「BadDream」と「UnrealisticDream」に分かれています。

「UnrealisticDream」はリアルな画像に適していますが、スタンドアロンではないため、BadDream または他の否定的な言葉と一緒に使用する必要があるようです。

 

「BadDream」のダウンロードは以下のサイトからできます。

BadDream + UnrealisticDream (Negative Embeddings) - BadDream v1.0 | Stable Diffusion Embedding | Civitai
BadDream + UnrealisticDream (Negative Embeddings) - BadDream v1.0 | Stable Diffusion Embedding | Civitai

Bad Dream + Unrealistic Dream (Negative Embeddings, make sure to grab BOTH) Do you like what I do? C ...

civitai.com

 

「UnrealisticDream」のダウンロードは以下のサイトから

BadDream + UnrealisticDream (Negative Embeddings) - UnrealisticDream v1.0 | Stable Diffusion Embedding | Civitai
BadDream + UnrealisticDream (Negative Embeddings) - UnrealisticDream v1.0 | Stable Diffusion Embedding | Civitai

Bad Dream + Unrealistic Dream (Negative Embeddings, make sure to grab BOTH) Do you like what I do? C ...

civitai.com

 

UnrealisticDream

 

ダウンロードボタンがないので、ダウンロードオプションから行いました

 

ダウンロードしたファイルはStable Diffusionをインストールしたフォルダ内「embeddings」のフォルダに入れます。

\stable-diffusion-webui\models\embeddings

 

気になったのがこの2つのファイル、他のembeddingsファイルより重いとこ。

 

 

dreamshaper v8で生成してみた

 

Dreamshaper V8を使って生成してみました。

 

公式ではVAEに関して特に記載がなかったので、

VAEの「vae-ft-mse-840000-ema-pruned.safetensors」を使います。

関連記事

vae-ft-mse-840000-ema-pruned_アイキャッチ
【VAE】vae-ft-mse-840000-ema-prunedの使い方

    生成した画像がぼやけていたり、くすんでいたり、もう少しトーンを上げたいときは、 「vae-ft-mse-840000-ema-pruned」というVAEを使うと簡単に解決で ...

続きを見る

 

色々画像を試したかったので、ランダムでプロンプトを作成してくれるこちらの拡張機能を使いました

関連記事

拡張機能onebuttonpromptアイキャッチ
【Stable Diffusion】プロンプトをランダムに作成「OneButtonPrompt」

    ChatGPTの「DALL・E 3」や。Adobeの「Firefly」などの画像生成AIですと、日本語入力もできたり、プロンプト入力も簡単。 これに慣れていると、Stabl ...

続きを見る

 

Embeddingは先程紹介した「BadDream + UnrealisticDream 」を使用。

ネガティブプロンプトは以下のワードで使いました。

 

worst quality,bokeh,ugly,error,lowres, BadDream, UnrealisticDream

 

 

人物画

Dreamshaper人物画

 

ファンタジー系は背景含めいい感じに作ってくれます。

 

風景画

Dreamshaper風景

 

個人的には風景画目的でモデルを選んだので、Dreamshaper V8でよく作ります。

 

Embedding「EasyNegative」使用

dreamshaper_easynegative使用

 

Dreamshaper V8推奨のEmbeddingを見落としており、しばらく「EasyNegative」を使っていました。

好みもあると思うのですが、こちらでも不満なく作れます。

 

 

まとめ

 

モデル選びで迷うようでしたら最初におススメしたいモデルです。

商用利用も可能ですし、人物やキャラクター、風景画など対応範囲も広いです。

 

日本人女性を作りたい場合でしたら、Dreamshaper V8でも十分作れますが、より特化したモデルもあるのでそちらを使う方がいいでしょう。

 

 

関連記事

プロンプトの基礎から、目的別プロンプトなどをまとめた記事です。

プロンプトのルール_アイキャッチ
【Stable Diffusion】まず最初に覚えたいプロンプトのルール

  ChatGPTの「DALL・E 3」やAdobeの「FireFly」ですと、日本語での入力も対応しているので、それらの画像生成AIと比べると、難しいと感じてしまいそうなStable Di ...

続きを見る

 

拡張機能を導入すると作業効率がUPします。

Stable Diffusion拡張機能アイキャッチ
【Stable Diffusion】拡張機能の導入方法・おすすめ【Extensions】

    Stable Diffusion拡張機能は、画像生成作業を効率的かつ簡単に行えるようサポートする強力なツールです。 初心者の方は特に、拡張機能を使うことで効率よく画像生成が ...

続きを見る

 

ぼやけた感じや薄い色をもう少し彩度を上げたいなど画質向上には「VAE」というツールを使います。

VAE_アイキャッチ
【Stable Diffusion】VAEとは何か。使い方や便利な設定について

    Stable Diffusionの「VAE(ブイエーイー)」とは、簡単に言うと画質のクオリティを上げるツールで、導入するだけで   ぼやけた画像がクリアになる 彩 ...

続きを見る

 

 

Stable Diffusionガイド

Stable Diffusionカバー

Stable Diffusionを導入から、
プロンプト、モデルなど項目別に初心者にもわかりやすく解説しています。

記事一覧はこちらからチェックしてみてください

詳しくはコチラ

 

Stable Diffusionで大事なグラボ

画像生成において、グラボは妥協せずに用意しましょう。

最低でも「RTX 3060」を用意すると、生成もスムーズに行えます

 

Stable Diffusion関連書籍

Stable Diffusionスタートから応用まで学べる1冊

 

Stable Diffusion LORAの使い方までしっかりカバー

 

ゲーム系画像が作りたい方におすすめ

created by Rinker
秀和システム
¥2,640 (2024/07/11 14:14:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

-Stable Diffusion
-