※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

広告 Stable Diffusion

【VAE】vae-ft-mse-840000-ema-prunedの使い方

 

生成した画像のぼやけた感じをとりたい

 

生成した画像がぼやけていたり、くすんでいたり、もう少しトーンを上げたいときは、

「vae-ft-mse-840000-ema-pruned」というVAEを使うと簡単に解決できます。

 

VAEについてはこちらで詳しく解説しています。

便利な設定方法もあるのでチェックしておいてください。

VAE_アイキャッチ
【Stable Diffusion】VAEとは何か。使い方や便利な設定について

    Stable Diffusionの「VAE(ブイエーイー)」とは、簡単に言うと画質のクオリティを上げるツールで、導入するだけで   ぼやけた画像がクリアになる 彩 ...

続きを見る

 

それではAUTOMATIC1111 版 Stable Diffusion Webui への 「vae-ft-mse-840000-ema-pruned」導入方法や使ってみた比較画像で説明します。

 

こんな方におすすめ

  • Stable Diffusion初心者
  • 作業効率を上げたい方
  • 生成した画像のぼやけた感じをどうにかしたい方

 

vae-ft-mse-840000-ema-prunedとは何か

 

Stable Diffusionの「VAE(ブイエーイー)」とは、簡単に言うと画質のクオリティを上げるツールです。

VAEに種類はいくつかありますが、今回は多くのユーザーに使われている代表的な「vae-ft-mse-840000-ema-pruned」を紹介します。

 

「vae-ft-mse-840000-ema-pruned.safetensors」を導入するだけで、

  • くすみ
  • ぼやけた感じ
  • 薄い感じ

 

これらが簡単に解消できます。

まだVAEを導入していない方は、こちらを入れておくとよいでしょう。

 

しかし、使用するにあたり覚えておきたいポイントがあります。

 

  • 必須的に使うものではない
  • モデルによって差がある
  • モデルの詳細で推奨されているVAEを使う
  • すでにモデルにVAEが導入されている場合は必要ない
  • 場合によっては使わない方がいい(好み)

 

好みで使い分ければOKです。

ただ、全体的にどのモデルでも(導入されてない場合)使ってOKなVAEです。

 

また、モデルでVAEの推奨がない場合は、「vae-ft-mse-840000-ema-pruned.safetensors」を使っておけば問題ありません。

という意味でも人気のVAEです。

 

vae-ft-mse-840000-ema-prunedのダウンロード

 

vae-ft-mse-840000-ema-prunedはHugging Faceからダウンロードできます。

 

stabilityai/sd-vae-ft-mse-original at main
stabilityai/sd-vae-ft-mse-original at main

We’re on a journey to advance and democratize artificial intelligence through open source and open s ...

huggingface.co

 

「vae-ft-mse-840000-ema-pruned.safetensors」というファイルがあるので、ダウンロードボタンをクリックします。

 

vae-ft-mse-840000-ema-prunedダウンロード

 

ダウンロードしたファイルは、Stable Diffusion WebUIがインストールされているフォルダ

stable-diffusion-webui > models > VAE 

に入れてください。

 

models内ファイル

 

vae-ft-mse-840000-ema-pruned」を使ってみた

 

実際にvae-ft-mse-840000-ema-prunedを使用するとどのような効果があるか試してみました。

モデルは「BeautifulRealstic_v7」を使用しました。

 

風景画

VAE夕方風景画検証

 

風景画で使ってみました。

vae-ft-mse-840000-ema-prunedを使用すると、木の葉っぱ(手前の木がわかりやすい)がVAEを使うことでくっきりしたと思います。

 

人物画

VAE写真検証

 

リアルに近い人物画ですと、くすみも取れて、シャドウも出た感じがします。

よく言う「ぼやけた感じ」が取れました。

 

イラスト

VAEイラスト検証

 

イラストですと好みにもなってきますが、vae-ft-mse-840000-ema-prunedを使うとぼやけた感じが取れます。

 

まとめ

 

簡単にくすみやぼやけた感じを取る場合は非常に便利だなと感じました。

ただ、イラストに関してはあえてぼかした感じや、トーンを抑えたい場合使わなくてもいい気がします。

 

同じ画でVAEのON/OFFを試したい場合は、生成した画像のSEED値をコピーして、SEEDの入力欄に貼り付け、VAEのON/OFFを設定します。

 

実際には微妙な変化ではありますが、プロンプトの微調整よりは効率的です。

 

プロンプトなどの作業効率を上げたい方必見

EMBEDDINGSについて_アイキャッチ
【StableDiffusion】Embedding導入方法・おすすめについて

    今回はStableDiffusionでの画像生成クオリティをアップ、また作業効率化を図れる「Embedding」について説明します。   モデルをダウンロードする ...

続きを見る

 

プロンプトを自動で作る拡張機能

拡張機能onebuttonpromptアイキャッチ
【Stable Diffusion】プロンプトをランダムに作成「OneButtonPrompt」

    ChatGPTの「DALL・E 3」や。Adobeの「Firefly」などの画像生成AIですと、日本語入力もできたり、プロンプト入力も簡単。 これに慣れていると、Stabl ...

続きを見る

 

 

Stable Diffusionガイド

Stable Diffusionカバー

Stable Diffusionを導入から、
プロンプト、モデルなど項目別に初心者にもわかりやすく解説しています。

記事一覧はこちらからチェックしてみてください

詳しくはコチラ

 

Stable Diffusionで大事なグラボ

画像生成において、グラボは妥協せずに用意しましょう。

最低でも「RTX 3060」を用意すると、生成もスムーズに行えます

 

Stable Diffusion関連書籍

Stable Diffusionスタートから応用まで学べる1冊

 

Stable Diffusion LORAの使い方までしっかりカバー

 

ゲーム系画像が作りたい方におすすめ

created by Rinker
秀和システム
¥2,640 (2024/05/21 22:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

-Stable Diffusion
-